カミソリで処理して平気?ムダ毛のお手入れ注意点

カミソリで処理して平気?ムダ毛のお手入れ注意点

カミソリは傷つきやすい?気になる衛生面

カミソリは傷つきやすい?気になる衛生面

ムダ毛のお手入れにカミソリを使用している人は多いでしょう。カミソリは安価で手に入れやすく、自宅で手軽にムダ毛処理を行えるのが大きなメリットですね。一方、刃物を使う処理なので、肌を傷つけやすいというデメリットもあります。カミソリ処理をした後の肌が赤くなるなど、いわゆるカミソリ負けの肌トラブルを経験した人もいるのではないでしょうか。カミソリでムダ毛を剃った場合、ムダ毛と一緒に肌の角質層までもが削れてしまいます。すると肌の保護機能も弱まり、肌トラブルを起こしやすい状態になります。「カミソリで切ってしまって、血が出た!」というときは、傷口から雑菌が入り込んで感染症を起こす原因にもなります。たとえ血が出ていなくても、目には見えない傷ができていることもあるので注意が必要です。感染症になると、抗生物質の使用や膿の切開などの処置が必要になる可能性もあります。たとえ小さい傷でも、消毒してばんそうこうを貼るなどして雑菌から身を守りましょう。また、使用後のカミソリを湿気や雑菌の多い風呂場に放置しておくと、菌が繁殖するもとになります。使用後は、水分を拭いて乾燥した場所に保管してくださいね。

毛流れに沿って刃を動かす

できるだけ肌を傷つけないようにするためには、剃り方が重要です。毛の流れに沿って、やさしく剃るのがポイント。足のすねはひざから足先の方向へ、腕は内側から外側に向かって剃ってください。脇の毛は、生えている方向がバラバラでわかりづらいのですが、脇の中心から外側に向かって剃ると良いでしょう。顔を剃る場合、おでこは上から下へ、ほっぺたは内側から外側へ向かって剃るようにします。逆剃りをしている人もいるでしょうが、肌に負担をかけてしまうので避けた方が無難です。そうは言っても、毛が濃い部分の剃り残しが気になることもありますよね。どうしても逆剃りをしたい場合は、最初からいきなり行うのではなく、仕上げとして行うようにしましょう。完璧を求めて同じところを何回も剃ると、肌の角質をどんどん傷つけてしまいますので、剃る回数はできるだけ減らすようにしたいものです。また、何もつけないで剃ると肌の角質まで削れやすくなります。専用のシェービング用クリームなどを使用することにより、カミソリの刃もスムーズに動かすことができます。剃った後は保湿クリームや化粧水、ジェルなどでしっかり保湿をしておきましょう。

一枚刃のカミソリが良いの?

一枚刃のカミソリが良いの?

カミソリの種類には、一枚刃だけでなく二枚刃、三枚刃…五枚刃!というのも最近では出ています。一体、どのタイプを選べば良いのでしょうか。刃の枚数は、多ければ多いほどムダ毛をキレイに剃れて良さそうな気がしますが、そのぶん肌への負担も大きくなってしまいます。肌へのダメージを極力少なくするためには、刃の枚数はできるだけ少ない方が良いでしょう。一枚刃でガードの付いたタイプが、肌を傷めにくいのでおすすめです。重要なのは、刃の枚数よりもむしろ刃の状態です。切れ味の悪いカミソリを使うとうまく剃れず、何度も何度も繰り返して剃ることになってしまいます。結果的に肌を傷つけてしまうので、一度でサッと剃れる切れ味の良いカミソリを使用してください。もったいないからと、同じカミソリを長期間使い続けている人は要注意です。カミソリの刃は、1回剃っただけでも傷んでいます。週に1回は交換した方が良いでしょう。また、毛やシェービングクリームが刃に挟まったままで放置せず、その都度お手入れしておくことも大切です。「ムダ毛処理だけでも面倒なのに、カミソリの手入れまでやってられない!」という人は、サロンの脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。