なかなか改善しないしつこい敏感肌の治し方

11_1なかなか改善しないしつこい敏感肌の治し方

敏感肌とは角質が荒れている肌のことを言います。肌に赤みやかゆみを伴うだけでなく、見た目にも肌が乾燥している、荒れていることがわかりますので気になるでしょう。敏感肌が起こる原因とその治し方について紹介していきます。

敏感肌の原因とは

11_2なかなか改善しないしつこい敏感肌の治し方

肌にはバリア機能という外部刺激から肌を保護してくれる機能が備わっているのですが、敏感肌はその機能が著しく低下します。その原因は肌の乾燥です。肌のバリア機能を保っているのは肌表面の角質層にある潤い成分なのですが、これが不足すると角質層の間にすきまができてしまいます。そこから外部刺激が侵入して、肌は刺激から肌を守るためにかゆみや赤みが出てくるのです。もともとは肌の乾燥が長引くことで肌が過敏になってくるのですが、それを引き起こす原因は一つではありません。その主な原因は間違ったスキンケア、不規則な生活、アレルギーです。自分が正しいと思って実践していたスキンケアが、実は敏感肌を招く原因になっているかもしれないのです。また生活習慣が乱れていると、体だけでなく肌も抵抗力が弱ってきて、肌が過敏になりやすいのです。花粉症や食物のアレルギーを持っている方は2人に1人とも言われ、とても多いのですが、それもまた肌を過敏にしてしまうのです。

スキンケア、メイクで肌を刺激から守る

敏感肌は肌が外部の刺激を受けやすくなっていますので、日ごろはできるだけ刺激を与えないことが重要なポイントになってきます。敏感肌の治し方は肌に刺激を与えず、肌のバリア機能を高めるケアを実践することです。そのためにはスキンケア方法も見直す必要があるでしょう。現在使用しているスキンケア製品を使うとヒリヒリすると感じるのは、それが肌に刺激になっているからです。敏感肌の時は肌に優しいスキンケア製品を使うことで余計な負担を肌に与えませんので、敏感肌専用のスキンケア製品を使うのがいいでしょう。敏感肌専用の化粧品には、肌の角質層と同じ潤い成分であるセラミドや保湿効果の高いヒアルロン酸などが含まれている製品が多く見られます。洗顔やクレンジングの方法も見直しましょう。クレンジングはメイク、洗顔は肌の汚れを落とす目的で行いますが、汚れやメイクをしっかりと落とすために力をいれてゴシゴシ肌をこすっていませんか?肌をゴシゴシとこするとその時に角質層にもダメージを与えてしまって、潤い成分流出する、つまり肌が乾燥して敏感肌を悪化させることにつながるのです。洗顔、メイク時は肌にできるだけ摩擦を与えないように優しく洗うのがコツです。メイクや洗顔料も洗浄力があって、しかも肌に優しい製品を使うのがおすすめです。肌に悪影響だからと考えて、敏感肌の方は外出時もメイクをしない方がいますが、それはおすすめできません。外には肌に刺激となる紫外線やほこり、排気ガスといったものがたくさんあります。それらから肌を守ってあげないと、刺激に肌が過敏に反応してしまいます。敏感肌だからこそ、敏感肌用のメイクで刺激からしっかりと肌をガードしましょう。

肌に触れる物も刺激に!素材を見直して

11_3なかなか改善しないしつこい敏感肌の治し方

衣類の線維も肌に刺激を与える要因になります。洋服を着て過ごしている日中や夜寝ているときに肌がかゆくて仕方がない、赤み出てくるのは皮膚が洋服や下着の線維から刺激を受けているからです。着ている衣服の線維の質によっては肌を刺激してかゆみや炎症を引き起こしますので、敏感肌の方は着る衣服の線維をよく選んで肌への負担を軽減してあげましょう。特に肌に直接触れる下着はもっとも肌の負担になりやすいため、慎重に素材を選ぶ必要があります。肌に負担となりにくい素材は、コットンやシルクなどの自然の素材を使って作られている繊維ですから、下着はコットン、シルク素材を身に付けましょう。逆にポリエステルやアクリルといった化学繊維は肌に刺激を与えやすいので下着でも衣類でもできるだけ避けた方が肌への負担を軽減できるでしょう。