どうすれば良いの?乾燥肌がひどい時の対処方法とは!

どうすれば良いの?乾燥肌がひどい時の対処方法とは!

赤みが出たり、粉がふいてしまったり、ひどい時にはかゆみなどの不快感を伴う乾燥肌。特に空気が乾燥しやすい冬は、肌の乾燥に悩む人が多いようです。普段はそんなに気にしていなくても、冬が近づくにつれ肌がひどく乾燥してしまい焦った経験を持つ人もいるのではないでしょうか。乾燥肌がひどいと見た目にも気になるでしょうし、かゆみ等を伴うこともあるため、なるべく早く元通りにしたいですよね。そこで乾燥肌がひどくなってきた時のケア方法を探るべく、20代の女性100名にアンケートを取って聞いてみました。

クリームやワセリンでしっかり保湿!洗顔方法や加湿器も大事!

アンケートの結果、化粧品やワセリンを使うといった意見が圧倒的に多く、他に洗顔方法法に気をつける、加湿器を使う、美容ドリンクを飲むなどの回答がありました。

・とにかく保湿が大切だと思うので、保湿が売りのパックをした後、ニベアをガテン塗りします。(20代/女性/契約派遣社員)

・お風呂でホットタオル→肌水という安価な化粧水をこれでもかというくらい付ける→少し高めのクリームで保湿。 ウルルンというパックも使ったりする。(20代/女性/会社員)

・化粧水などではなく、ワセリンをお風呂あがりにたっぷり肌に塗る。(20代/女性/自由業・フリーランス)

・しっかり湯船につかってからパックをしてクリームで保湿し肌の水分を抜けないようにする(20代/女性/医師)

・洗顔の際、あまり油を洗い流しすぎないようにし、しっかりと化粧水を塗り保湿をする事です。(20代/女性/学生)

・乾燥した部屋にいる場合は加湿器をつけます。その他には美容ドリンクを飲んだり、肌の保湿をいつもより念入りにします。(20代/女性/専業主婦)

お風呂あがりなどにニベアのクリームやワセリンなどを使って肌に潤いを与える回答が多く見られ、中には惜しみなく使えるように安い化粧水を使っている女性がいる様子も窺えました。肌に直接潤いを与える化粧品やワセリンなら、失った水分を補充するのに高い効果が得られそうですよね。毛穴が開き肌が柔らかくなっているお風呂上りに塗るなど工夫している女性が多いことから、効果をきちんと得られるよう使い方に気をつけることも大事なのではないでしょうか。また、洗顔の際に油を流しすぎないようにするという回答や、加湿器などを使って普段過ごす部屋に潤いを与えたり、美容ドリンクに頼ったりするといった回答も見られました。肌の持っている潤い機能を壊さないこと、生活環境や食生活に気をつけることも、乾燥を防ぐために欠かせない要素かもしれませんね。

お風呂上りのクリームや加湿器!上手に乾燥を防いで快適に!

アンケートの結果、ほとんどの女性が化粧品やワセリンなどを使っていることが分かりました。肌に直接塗ることで、乾燥を防ぐ高い効果が得られのではないでしょうか。さらに、お風呂上りに塗るといった女性が多く見られたことから、クリームなどを使うタイミングもより高い効果を得るのに大事のようです。ただ塗るだけではなく、自分に合った化粧品を選ぶこと、使い方にも気を配ることが乾燥を防ぐ鍵になるかもしれませんね。
他に加湿器や美容ドリンクに頼る女性も見られました。普段過ごす環境や食生活を見直すことも大切と言えるでしょう。自分にピッタリな方法を見つけて、上手に乾燥を防げると良いですよね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年10月13日~2016年10月27日
  • 有効回答数:100サンプル