どうすればいいの?乾燥肌でヒリヒリ痛いときの対処法

6-1

洗顔しただけや、風に当たっただけで顔がヒリヒリと痛む場合、それは乾燥肌や敏感肌が原因になっていると考えられます。肌のヒリヒリとした痛みは、皮膚の厚みが薄くなっている証拠です。皮膚が薄くなると角質層も薄くなり、ちょっとした刺激でもヒリヒリとした痛みを感じるようになります。今回は痛みを伴う乾燥肌の原因や、それを防ぎ改善するための方法などについて紹介していきます。

皮膚の角質層が薄くなるとバリア機能が衰えてしまう

一般的に敏感肌や乾燥肌と呼ばれる状態は、肌の角質層が薄くなっている状態のことを指しています。角質層が薄くなることで皮膚の水分量が低下し、それが敏感肌や乾燥肌を招いてしまうというわけです。角質層が薄くなってしまっている状態のことを「ビニール肌」ともいいますが、「ビニール肌」になると特に外的な刺激に皮膚が敏感に反応するようになってしまいます。また、たとえ「ビニール肌」に至らなかったとしても、皮膚の水分量が健康な状態に比べて30%以下に低下すると、敏感肌や乾燥肌になってしまいます。それはどちらも皮膚の角質層の薄さが原因となっているのです。そしてそのように角質層が薄くなってしまうことで、皮膚が本来持っているバリア機能を果たすことができず、さまざまな刺激が皮膚の奥の層にまで到達してしまうことになります。皮膚の奥には神経や痛覚などが隠されていますが、バリア機能の低下によって刺激がそこまで達するようになると、ちょっとしたことで皮膚が炎症を起こしてしまい、ヒリヒリとした痛みを伴うというわけです。

間違った洗顔方法が痛い乾燥肌の原因に

6-2

それではなぜそのような敏感肌や乾燥肌などの状態に陥ってしまうのでしょうか。その原因はいくつか挙げることができますが、そのひとつに間違った洗顔方法をしているということが考えられます。そもそも洗顔の目的は皮脂やメイクの汚れを落とすことにあります。しかし、洗顔の過程で肌に必要な皮脂や角質層の細胞なども一緒に洗い流してしまうことがあります。どんなに気を付けて洗顔をしたとしても、こうした肌に必要な成分の除去は避けられないことでもあるのですが、間違った洗顔をしてしまうと過剰に皮脂や細胞を洗い流してしまい、それが皮膚の水分量の低下を招いてしまうことがあるのです。もし痛い乾燥肌に悩んでいるなら、まず洗顔をし過ぎないことを心がけましょう。痛い乾燥肌や敏感肌は肌荒れを引き起こしますが、肌荒れがあるとどうしても過剰に洗顔をしてしまいがちです。洗顔は寝る前に一度だけすると効果的です。寝ている間は細胞の修復が活発に行われているので、たとえ洗顔で必要な細胞を洗い流してしまったとしても、寝ている間に効果的に修復が可能なので乾燥肌の防止につながります。また、刺激を与え過ぎないことも大切なので、洗顔するときはぬるめのお湯を使ってこすらないようにしましょう。

保湿ケアをしっかりして乾燥肌を防ごう

6-3

ヒリヒリする痛みを伴うほどの乾燥肌の場合、角質層を補うようなケアをしてあげることで症状の改善を促すことができます。角質層を補うためには保湿ケアが何よりも欠かせません。ヒリヒリとして痛い乾燥肌は、正常な肌のターンオーバーが行われていないと考えられます。人間の身体は絶えず細胞分裂を繰り返しています。細胞分裂が正常に行われることで、常に新しい細胞が活発に活動することができます。正常な肌も常に細胞分裂を繰り返し、細胞が生まれ変わることで肌の新陳代謝を保つことができるのです。こうした肌の新陳代謝のことをターンオーバーといいますが、乾燥肌の人はターンオーバーの周期が早すぎる傾向にあります。ターンオーバーが早いと角質層が十分に育ち切らず、その状態のままで新しい細胞の生成が行われてしまうため、古い細胞が剥がれ落ちずに肌の上層に残ってしまうのです。すると皮脂を十分に分泌できないなどの肌トラブルが発生し、炎症を起こしたり痛みがでたりしてしまうわけです。肌のターンオーバーの異常は、その多くが間違ったスキンケアにあります。それだけに保湿ケアをしっかり行うことで肌のターンオーバーに必要な潤いを十分に保ってあげることが大切なのです。潤いを保つことができればターンオーバーの正常化をはかることができ、それが乾燥肌を防ぐことにつながります。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。