だからおすすめできない!カミソリでのムダ毛処理が引き起こす肌トラブル3つ

だからおすすめできない!カミソリでのムダ毛処理が引き起こす肌トラブル3つ

現代女性の美のたしなみである「ムダ毛の処理」。自己処理されている方の中には、カミソリを使用して処理されている方も多くいるのでは?他の自己処理方法に比べてスピーディーかつ手軽に処理できることから人気が高く、自己処理の代表的な方法といえます。しかし、このカミソリでのムダ毛処理には意外な落とし穴があります。カミソリでの自己処理がおすすめできない理由3つを紹介します。

肌へのダメージが大きい

肌の表面は角質と呼ばれるもので覆われており、この角質が層を形成しています。これを角質層と呼び、肌のバリア機能をつかさどる大切な役目を担っています。カミソリで自己処理を行う際、ムダ毛だけでなくこの角質も削り取ってしまい、角質層が壊れてしまうことによって、肌のバリア機能が低下、結果的に肌が非常に敏感な状態になってしまいます。この敏感になってしまった状態の肌が炎症を起こしてしまうことを「カミソリ負け」といいます。これは肌にとって非常に大きなダメージです。短期的な周期でカミソリによる自己処理を繰り返すと、どんどん肌が弱ってしまい、よりカミソリ負けを引き起こしやすい肌質になってしまいやすい為、おすすめできません。また、カミソリの刃は非常に鋭利なので、刃すべりをしてしまった際などに切り傷ができてしまうこともあります。こういったうっかり切り傷は跡に残ってしまうこともあるため、カミソリで自己処理する際には注意が必要です。

気になる!赤いブツブツとかゆみ!

カミソリで自己処理後、「お肌はつるつるすべすべ!」と思いきや、赤いブツブツが目立ったり、肌がかゆくなってしまったりしたことはありませんか。これはカミソリの刃によってダメージを受けた毛穴や皮膚表面に雑菌が付着し、炎症を引き起こすことにより現れる症状です。実は、カミソリの刃と刃の間には、削り取ってしまった角質が詰まり、それを栄養源にして雑菌が繁殖しやすい状態になっています。この雑菌が弱った肌や毛穴に付着し、炎症を引き起こすことによってあの嫌な赤いブツブツや、かゆみを引き起こす原因の一つになります。

あの赤いブツブツは「毛包炎」と呼ばれる症状で、見た目が悪いだけではなく、酷くなると痛みを伴うため患部から出血してしまうこともあり得ます。一度炎症を起こしてしまうと自然に治りにくいため、専門の医師に相談されるのが良いでしょう。綺麗になるためにムダ毛処理をしていたのに、実は肌にとって、病院に掛からなければいけない程のダメージが加わっているのです。

処理前よりも目立つ気が!毛穴の黒ずみ

綺麗な肌になる為に、頑張ってムダ毛処理したのに毛穴の黒ずみが目立つ。これは、カミソリによる間違った自己処理方法が招く症状の一つです。剃り残しが気になるために、過度な力を加えて剃ってしまったり、毛の流れと反対から剃る「逆剃り」をしてしまったりなどは、毛穴が押し広がった状態で剃れてしまうことから、剃った後の毛がますます目立ってしまいます。処理前に肌を温め毛穴を開かせてから剃り、処理後はしっかり冷却することによって毛穴が縮まって症状は緩和されます。

しかし、カミソリによる自己処理の場合は、どうしても毛の断面が目立ちやすいため、少し時間が経つとそのままムダ毛が成長して黒いブツブツが目立ってきてしまいますし、処理後に少し伸びたムダ毛は硬く、触り心地も気になるところです。

また、肌は弱った状態だと紫外線を吸収しやすくなってしまいます。紫外線に当ってしまうと色素沈着により毛穴はますます黒ずんでしまい、剃り跡がより目立ってしまうこともあるため、カミソリでの処理後は直ぐに紫外線に当たるようなことはせず、保湿をして肌を休ませましょう。