すべてはここから始まります!美肌を作るスキンケア

すべてはここから始まります!美肌を作るスキンケア

スキンケアのコツは、顔の部分に合わせて適切なケアを行なうことにあります。皮脂の多い部分とそうでない部分では、洗顔の方法からスキンケア化粧品の使い方まで異なることがあります。さらにスキンケア化粧品を正しい順番で使用することも大切です。こうしたスキンケアの基本をしっかり守ることが美肌作りにつながります。

Tゾーンとその他のパーツは洗い方が違う!正しい洗顔のやり方

すべてはここから始まります!美肌を作るスキンケア
美肌作りの基本は正しい洗顔から。肌の状態や各部位に合わせて適切に顔を洗う必要があります。たとえば皮脂の分泌が多いTゾーンと、そうでない部分では乾燥のしやすさが違います。Tゾーンのテカリをとろうとして、顔全体を洗顔料でしっかり洗ってしまうと乾燥肌を招いてしまうことがあります。そうならないよう正しい顔の洗い方を一度おさらいしてみましょう。洗顔料を手に取り、よく泡立てたらまずTゾーンやあご周りのUゾーンなど皮脂の分泌の多い部分から洗い始めます。泡を肌にのせたら、指でそれを優しく転がすようにしましょう。直接指で肌をこすってしまうと、肌にダメージを与えてしまいます。なお乾燥しやすい目元や口元に関しては、泡をのせるだけで十分に汚れが落ちます。こうして顔全体に洗顔料の泡がいきわたったら、体温より少し低い温度のぬるま湯で丁寧にすすいでいきます。なお乾燥肌や敏感肌の人は、朝の洗顔で洗顔料を使ってしまうと肌への負担が高くなってしまうおそれがあります。基本的に洗顔料を使って洗うのは夜だけにしてみましょう。Tゾーンなどのテカリが気になる場合は、朝の洗顔でその部分だけに洗顔料の泡を軽くのせるようにしてみてください。

化粧水・美容液・乳液…スキンケア化粧品はどう使えばいい?

スキンケア化粧品の役割は第一に保湿です。同時に、配合された有効成分を肌に届ける役目もあります。代表的なスキンケア化粧品としては化粧水、美容液、乳液があります。ここではこれらを使った基本的なケアのやり方について紹介します。スキンケア化粧品の役目はアイテムによって違います。したがって、つける順番にもちゃんとした意味があります。なかには例外もありますが、化粧水、美容液、乳液の順番でつけるのが一般的です。最初に化粧水をつけるのは、洗顔によって失われた肌の保湿成分を補うため。水分と保湿成分を補給することで肌を整え、そのあとに使う美容液などの有効成分が浸透しやすい状態にします。手のひらやコットンを使い、優しく抑えるようにしてなじませます。次に使う美容液は、美肌作りに役立つ有効成分が高濃度で含まれた化粧品です。保湿成分や美白成分などが配合されていて、保湿プラスアルファのお手入れができます。上手に使うコツは、肌トラブルを避けるため1種類ずつつけること。違う種類の美容液を重ねづけするのは避けた方が無難です。最後につけるのが乳液です。乳液には水分の他に油分が含まれており、化粧水や美容液に含まれる水分や有効成分を肌の中に閉じ込める蓋として作用します。肌の乾燥を防ぐためにも、お手入れの最後は乳液を忘れずに使うようにしてくださいね。

口や目の周りは専用アイテムで重点的にケアしよう

すべてはここから始まります!美肌を作るスキンケア
口元や目の周りは皮脂の分泌が少なく、もともと肌が乾燥しやすい部分です。さらに皮膚も薄い上、目元ならアイメイク、口元は手による摩擦などで刺激を受けやすい部分でもあります。そのため簡単に肌が乾燥状態に陥ってしまいます。乾燥は小じわの原因にもなりますので、乾燥を感じてしまったら早めにケアしなければなりません。洗顔や保湿に気をつけていても乾燥してしまうようであれば、専用の美容液やクリームを使ったケアを試してみましょう。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分が含まれた高い保湿効果の製品、あるいは少ない皮脂を補ってくれる油分を含んだ製品で集中的に保湿を行います。顔全体に塗るとべたべたしてしまいそうなものでも、ピンポイントで使う分にはすっとなじんでいくはずです。またこうした専用アイテムで日常的にケアするほか、スペシャルケアとして、油分を多く含むクリームでクリームパックをとりいれてみるのもよいでしょう。お風呂上りに化粧水を塗る前の目元や口元にクリームをたっぷりのせ、5分から10分ほど放置します。そのあと化粧水を含ませたコットンでクリームをふき取り、通常のスキンケアを行います。乾燥を感じたその日に実行するのがおすすめです。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。