このカサカサどうにかならない?乾燥肌を治す方法とは

このカサカサどうにかならない?乾燥肌を治す方法とは

肌の水分は足りてる?保湿と乾燥の関係

肌の水分は足りてる?保湿と乾燥の関係

肌の水分量は、角質層内の皮脂膜や天然保湿因子、角質細胞間脂質によって一定の量に保たれています。水分保持量の内訳は角質細胞間脂質が約80%、天然保湿因子が17~18%、皮脂膜が2~3%というものです。一般的に乾燥肌とは、それぞれの場所で保持されている水分量が一定量より減ってしまうことをいいます。その原因として、加齢や乾燥した気候、洗浄力の強い洗顔料を使ったことなど、さまざまなものが考えられます。角質層内の水分量が減少すると皮膚の乾燥がひどくなり、皮脂欠乏症になることもあるので注意が必要です。そのため乾燥肌を治す方法として保湿のお手入れが不可欠になります。保湿のお手入れ方法としてはいくつかありますが、角質細胞間脂質のおもな成分であるセラミド入りの化粧品でお手入れすると良いでしょう。しかし、分子が大きくて外部から肌に浸透しにくいという面もあり、セラミドの生成が促進される栄養成分をできるだけ摂取するなどの工夫も必要になります。「亜鉛」「ビタミンB2」「ビタミンB6」などはセラミドの生成を促す栄養素とされているので、それらを含む食材を食べるのもおすすめです。

化粧水や乳液にクリームをプラスしてみよう

保湿成分をしっかり含んだ化粧水や乳液であればクリームで補う必要はないといわれています。しかし、油分が少ないものの場合、皮脂膜代替の意味としてクリームを使うのも良いでしょう。天候や体調によって肌のうるおい状態も違ってきますので、その都度肌の状態に合わせて使うという方法です。もし化粧水や乳液が、美白用など保湿専用のものでない場合はクリームでのお手入れが必要になります。クリームで細胞間脂質や皮脂膜の役割を果たす成分を補うことで乾燥肌改善や予防につながります。乾燥の激しい季節などは特に、乾燥肌を治す方法としてクリームが大きな役割を担うでしょう。クリームを選ぶポイントは細胞間脂質を補うことが期待できるセラミド入りや、セラミドの生成を促進させるユーカリ抽出液などが入ったものを選ぶようにすることです。そのほかヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなども、水分を抱え込むことができる成分とされています。すべての化粧品には配合成分が明記されているので、そこを確認するようにしましょう。ただし表記されているものでも極端に値段が安いものなどは、ごく少量しか入っていないということも考えられるので配合量も意識する必要があります。

あぶらとり紙の使いすぎ?皮脂の取りすぎはダメ

あぶらとり紙の使いすぎ?皮脂の取りすぎはダメ

皮膚には外部の刺激から肌を守るためのバリア機能があります。肌の表面で皮脂や汗が混ざり皮脂膜を形成し、水分を保持したり、刺激から肌を守ったりするのです。しかし、油とり紙などで必要な皮脂まで取ってしまうと、皮脂膜が形成されず外部の刺激から肌を守れなくなってしまいます。それではいけないので肌は不足した皮脂をより出そうと頑張り、一層オイリーな肌になることもあります。油とり紙を何枚使っても、鼻の頭がてかってしまうときなどはそういう状態に陥っていることが考えられます。また、皮脂膜には水分の蒸発を防ぐ保湿の役割もあるので、皮脂のとりすぎは乾燥肌にもつながります。メイク直しの際などテカリを治す方法として油とり紙を何枚も使ってしまう人もいますが、注意が必要です。もちろん、余分な皮脂は取り除く必要がありますが、油とり紙を使うなら軽く一回程度と決めておきましょう。油とり紙では皮脂を多くとってしまいすぎることもあるので、代わりにティッシュで抑える程度にするのもおすすめです。乾燥肌改善のためには保湿成分の入った化粧品で丁寧にお手入れすることに加え、皮脂をとりすぎないことも重要といえます。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。