かかないで!乾燥肌、顔のかゆみの対処法

かかないで!乾燥肌、顔のかゆみの対処法

乾燥肌でかゆみが出てしまうのは本当につらいですよね。かきたい、でもかいてしまうともっとひどくなる、しかも顔だからメイクが…と我慢できないかゆみと日々戦わなくてはなりません。乾燥肌でかゆみが出てしまう原因と、かゆみが出た時の対処法をご紹介します。かゆみに耐えられない!という乾燥肌の人は必読です。

乾燥肌で顔がかゆくなる不思議

かかないで!乾燥肌、顔のかゆみの対処法
乾燥肌は、肌にもともとある皮脂が不足してしまい、肌表面を守るバリア機能が正常に働かなくなります。そうすると肌内部の水分が保持できなくなってしまい、乾燥肌になります。皮脂は年齢とともに少なくなってしまうので、年齢を重ねると肌はどんどん乾燥しやすくなります。この乾燥を放っておくと小じわが出やすくなりますし、くすみやシミもできやすくなります。外部のちょっとした刺激でかゆみが出てしまうようになり、もっとひどくなると敏感肌になってしまうこともあるので、早めのケアが必要です。また、乾燥によって通常はpHが弱酸性で保たれている肌がアルカリ性に傾いて雑菌が繁殖しやすくなることも乾燥肌のかゆみの原因のひとつだと言われています。乾燥と言われて一番に思いつくのは水分不足かもしれませんが、水分よりもむしろ油分が不足することで乾燥肌に拍車をかけているので、普段のお手入れも見直しが必要かもしれませんね。

我慢できない!乾燥肌のかゆみにはこの有効成分

かゆみは我慢することが難しいですよね。しかし肌をかいてしまうことでかゆみにさらに敏感になってしまうことや、かいたことで肌に傷がついてしまうと炎症を起こしてしまいます。かくことで肌内部のかゆみを引き起こす成分、ヒスタミンがどんどんでてきてしまうので、悪循環が起こってしまいます。辛いかゆみを抑えたいという時には、かゆみを抑える有効成分配合のクリームなどを使用して乗り越えましょう。尿素やセラミド、抗ヒスタミン剤、ビタミンEなどの配合になっている製品は乾燥によるかゆみに有効と言われています。さまざまなものが発売されていますので、自分の肌や目的に合った物を探してかゆみを抑えてください。性能も、保湿や血行促進、炎症をしずめてくれるものなど多様なものが発売されています。

セラミドが乾燥肌には欠かせない!

かかないで!乾燥肌、顔のかゆみの対処法 皮脂が足りずに肌のバリア機能が衰えているという状態の場合、皮脂の代わりになるものを補う必要があります。肌表面の水分を閉じ込めて蒸散しないようにしなくてはいけません。そのためにはしっかりとした保湿のお手入れが必要です。セラミドという成分の配合になったスキンケアアイテムを使うことで乾燥肌のかゆみを徐々に解消させていくことが大きなポイントになります。セラミドとはもともと肌の一番表面部分にある角層という部分の細胞と細胞をつなぐ役割をしています。セラミドは数ある保湿成分の中でも一番即効性が高いと言われています。肌内部の水分を蓄えて肌を保湿する役割、細胞と細胞の間を隙間なく埋めることで外部からの刺激から肌を守る役割があり、このセラミドを補給すれば、肌内部の水分は蒸散することなく保たれ、外部からの刺激を受けることもないのでかゆみを抑えることにもつながります。セラミドの含有量の高いものを選んで毎日丁寧にスキンケアすること、化粧水、乳液、クリームのお手入れは毎晩欠かさないようにすることが大切です。また、日常生活では加湿器の使用やお風呂はぬるめのお湯につかること、お風呂に入ったらすぐに保湿のケアをすることも乾燥肌の解消には欠かせません。セラミド含有のスキンケアは多数販売されていますので、ご自身の肌にぴったりのメーカーのものを探して乾燥肌を撃退してくださいね!

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。