いつ、どう剃るのが正解?ムダ毛の正しい剃り方でカミソリ負けを防ぐ

いつ、どう剃るのが正解?ムダ毛の正しい剃り方でカミソリ負けを防ぐ

生理前・生理中や疲れがたまっているときは避ける

毎回のムダ毛の処理は女性の悩み。面倒くさいと感じるムダ毛も、シェーバーやカミソリなら手間もいらず自宅で手軽に行えるので定番の処理方法として定着しています。でも直接肌に刃をあてるので、肌への負担を考えながら剃らないと肌のトラブルになることもあります。ではどんなときにムダ毛処理を行うのがいいのでしょう?それには女性の体のサイクルを考える必要があります。一カ月のうち生理前や生理後はホルモンのバランスが安定せず、肌が敏感になっています。この時期は体の抵抗力も落ちるため、カミソリなどで肌を痛めると皮膚のトラブルが生じます。痛みはもちろんカミソリ負けや肌荒れなどができやすくなるため、ムダ毛の処理は避けましょう。また、仕事などの忙しさで疲れが溜まっている場合も体の抵抗力や免疫力が低下している場合がありますので、同様に皮膚を元気なとき以上に傷つけてしまう可能性があります。ムダ毛剃りはしないでおきましょう。

入浴前や入浴中に剃るのはNG!

また、ムダ毛処理を避けるべきタイミングとしては、入浴前・入浴中というのがあります。なぜ入浴前にムダ毛を剃るのがNGなのかというと、入浴前にムダ毛を剃り、皮膚がカミソリなどで傷つけられた状態で入浴すると、お湯によって皮膚が温められ、傷も広がります。そこにお湯や体についているさまざまな菌や汚れが皮膚の傷に付着し、皮膚の炎症を促してしまう恐れがあります。また、入浴中にボディソープなどで泡立ててそる、ということもあるかと思いますが、風呂の中では泡は流れてしまいますので、皮膚を守るという効果は期待できません。入浴中のムダ毛剃りは、入浴前と同様に、暖かい環境で剃ることにより広がった傷へのバイ菌などの侵入が考えられます。炎症などのトラブルを避けるために、入浴前・入浴後のムダ毛剃りは止めましょう。

部位によって剃り方は違う

ムダ毛といっても体のさまざまな場所によって、毛の太さも長さも、そして形状も違います。どの部位を剃るのかによって剃り方も変えましょう。その前に共通のルールとして気をつけなければいけない剃り方は、「毛の流れに逆らって剃らない」ということです。毛の流れに逆らって剃ると、毛が逆立ち、その影響で皮膚がめくれ、カミソリ負けなどの炎症を起こしやすくなります。さらに色素沈着を起す可能性もあります。また、剃ったあとの毛がチクチクすることもありますから、剃るときは毛の流れに沿って剃りましょう。すねなどの足とデリケートゾーンなど、部位によって毛の性質や肌の質も違います。カミソリの刃のあて方や力の強さなども変えることが、それぞれの部位の皮膚への負担を減らすことに繋がります。また、同じところを何回も繰り返し剃ることは避けましょう。

剃った後は保湿ケアをしっかり行う

ムダ毛剃りは思う以上に皮膚へのダメージが大きいものです。きれいに剃ることも大事ですが、自分の体調や体のサイクルがどうなのか、肌の調子はどうなのかを見ながらムダ毛の処理を行うことが大切です。実際剃るときには直に肌にカミソリなどの刃をあてるより、ワセリンなどを薄く塗り、肌への負担をできるだけ少なくしてから剃ることがおすすめです。そして処理後はクリームなどの保湿を忘れずに。カミソリで剃ったあとの皮膚は表皮に傷がつきますので、乾燥しがちです。乳液など、肌に水分や油分を与え、落ち着かせましょう。また、ムダ毛剃りは毎日行わず、何週間に1、2回と、間隔を置くことも忘れてはなりません。このように、ムダ毛剃りはあくまでも肌への負担を第一に考えることが大事になります。剃る前そして剃った後も、皮膚の調子を見ながらしっかり保湿をし、ムダ毛のないきれいな肌を目指しましょう!