あなたは大丈夫?ムダ毛を剃るときに気をつけたいこと

15-1

カミソリでムダ毛を処理している人は多いのではないでしょうか。自宅で気軽にできるので習慣になっている人は少なくないでしょう。ムダ毛を剃るとき、肌にやさしくしていますか?私の肌は強いので大丈夫と思っていても、しっかり準備をしないで処理を続けていると肌の負担はあとになって出てくることもあります。普段何気なくしているカミソリの使い方、ムダ毛を剃るタイミングなど、今一度見直してみませんか。

肌が悲鳴をあげている?剃るタイミングに注意

ムダ毛が気になったときにはすぐにカミソリで剃る!という人、ちょっと待ってください。実はムダ毛の処理をする適切なタイミングがあることを知っていますか?そうはいっても定期的に剃らないと、すぐにムダ毛が生えてくるから困る、という心配もありますが、肌に与えるダメージを考えたときには少し我慢をしなければいけないときもあるのです。肌が弱っている時期に無理に処理してしまうと、肌が荒れたり、カミソリ負けを起こしたりしてしまうこともあります。そうなると、その肌ダメージのためにさらに長い期間カミソリが使えなくなってしまいます。自分の体調と相談して、肌に負担をかけないようにすることが大切です。気にしておきたいムダ毛処理を控えたほうがよいタイミングとは、生理前から生理が終わるまでの期間です。肌が敏感になっていますので、無理に剃ったりしないようにしましょう。その他にも寝不足であったり、疲れていたり、体調がなんとなくすぐれなかったりするときも肌が弱っているタイミングである可能性が高いです。これらの状態のときはなるべくカミソリでムダ毛処理をしないほうがよいのです。肌をいたわってあげましょう。

ムダ毛は正しい方法で剃れていますか?

15-2

カミソリでムダ毛を処理することで、肌は常にダメージを受けている可能性が高いです。気軽で便利、自分でできるし早いから、という理由でカミソリを使うことが多いですが、気にしておきたいのは正しく剃れているかということです。もし、剃り方で悪い癖がついてしまっていたらすぐに直す必要があります。では、正しい剃り方とはどのような方法なのでしょうか。最初に、剃る前の準備からみていきましょう。必ず準備しておきたいものはシェービングジェルです。できれば蒸しタオルなどもあるとよいでしょう。シェービングジェルではなくて、石鹸の泡などを利用して剃っている人は要注意です。石鹸の泡は落ちやすいので、肌に直接カミソリが当たってしまい、カミソリ負けを起こしてしまう原因になります。シェービング専用のジェルを使い肌に負担をかけないことが大切です。蒸しタオルがあるとさらに肌を守ることができます。なぜなら、剃る体の部分に蒸しタオルをあてて温めるようにすると、毛穴が自然に広がってきます。ムダ毛も柔らかくなりますので剃りやすくなるのです。最低でもこれらの準備は行っておきましょう。次にカミソリはムダ毛の流れにそって使っていますか。ムダ毛の流れに逆らって剃るという人は、今すぐやめましょう。肌へのダメージが高く、角質がはがれやすくなります。その結果毛穴が広がり、さらに毛穴が刺激をうけることにより色素沈着で黒ずみを起こす原因になることもあります。その毛穴から次に生えてくる毛が濃くみえる原因にもなりますから、注意しましょう。

アフターケアも忘れずに

15-3

カミソリでムダ毛を処理したら、それで終わりではありません。処理した時点で肌はそれなりのダメージを受けています。化粧水やクリームなどで保湿をしっかりすることも忘れずにしたいものです。高価なものを使う必要はありません。市販されている保湿用のクリームで十分です。たっぷり使って肌あれや乾燥から守ってあげることが大切です。ムダ毛の処理後は必ず保湿を行いましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。