あなたのおすすめを教えて!乾燥肌を治す方法

あなたのおすすめを教えて!乾燥肌を治す方法

肌のトラブルはたくさんの方が抱える悩みではないでしょうか。特に乾燥肌はストレスの多い社会人や頻繁に洗い物をする主婦に多く、年齢を重ねるほど起こりやすくなる症状と言われています。そこで、今回のアンケートでは乾燥肌を治す方法について調査を行いました。みなさんはいったいどのような方法で乾燥肌の症状に対処しているのでしょうか。

さまざまな観点からのケアが必要?

調査の結果、保湿が大切だと考える意見が多く集まりました。また食生活を改善したり、皮膚科で診てもらったりということを勧める意見も見られました。

・化粧水をたっぷりコットンにしみこませて2,3分ほど肌にのせておくコットンパック。肌が潤っただけでなく、次に使う化粧品の浸透も良くなり、ケアがしやすくなって、結果的に乾燥が落ち着いた。(20代/女性/無職)

・一週間に一度か二度でいいのでパックをして保湿力を高めてあげるとよくなった気がした。(20代/女性/会社員)

・保湿成分がふくまれる化粧水を使うようにし、さらにその上から乳液を塗るようにした。(20代/女性/学生)

・食生活を改善する。アボカドやオリーブオイルなど体に優しい油分をとる。(20代/女性/会社員)

・食生活に気を付けてみたり、お風呂あがりはしっかりとクリームを塗ること(20代/女性/専業主婦)

・皮膚科に行き、先生に薬を処方してもらい、治療を行うことで治りました。(20代/女性/専業主婦)

・鼻や頬の皮が剥けてガサガサするので乾燥肌かと思って病院に行ったら、脂漏性皮膚炎だった。薬を処方してもらって改善した。(20代/女性/自由業・フリーランス)

乾燥肌の症状を緩和するためには入念に保湿することが大事であるようですね。パックや乳液などでたっぷりと水分を補ってあげることで、症状緩和を実感しやすくなるようです。乾燥肌には外部からの乾燥が大きく影響していることがうかがえます。また、食生活を改めることが乾燥肌の改善に繋がるという指摘も見受けられますが、こちらはバランスよく栄養を摂取することで、体の内側から肌の調子を整えようとする考え方なのでしょう。皮膚科で診察してもらって症状が緩和したというケースもあるようです。乾燥肌といっても症状の重さはそれぞれでしょうから、あまりひどい場合は自己流のケアは行わず、医者に診てもらうのがいいのかもしれません。

乾燥肌の原因を見極めることが重要!

空気の乾燥や洗い物などの外的要因によって肌の水分が失われてしまっている場合は、化粧水や乳液で肌を保湿してあげることによって、症状は充分に緩和されるのかもしれません。しかし、ストレスや生活環境の乱れが原因となると、外部からの保湿に加えて体内からのケアも必要になるでしょう。普段から食生活に注意を払って体内環境や栄養バランスを整えておけば、肌のトラブルも予防できるのではないでしょうか。ただし、自分で行うケアでは対処の難しい乾燥肌の症状もあるようです。乾燥肌の原因がアトピーやアレルギーというケースも考えられますから、時には専門的な薬を使った治療も必要みたいですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年09月23日~2016年10月07日
  • 有効回答数:100サンプル