「100年の恋」も一瞬で冷めてしまう!?ムダ毛放置の残念エピソードとは!

「100年の恋」も一瞬で冷めてしまう!?ムダ毛放置の残念エピソードとは!

ムダ毛のお手入れは女性にとって大切な身だしなみのひとつです。大好きな彼との間を良好に保つだけでなく、まわりの男性から好印象を持たれるためにも、普段からきちんとケアしておきたいですね。そのためには、男性の本音を知ることも必要かもしれません。ここでは、100年の恋も一瞬で冷めてしまう!?ムダ毛放置の残念エピソードを取りいれてまとめました。

やはり、フェースラインのケアは大切

好きな男性と一緒にいるときはもちろん、職場内では多くの人と間近で接する機会があります。そのため、フェースラインのケアは大変重要です。
鼻や口のまわりをはじめ、フェースラインにムダ毛があると意外と目立つものです。見る角度によっては、桃の皮みたいにムダ毛が浮き出て見えることもあります。またムダ毛のお手入れができていないと、お化粧をするときにファンデーションのノリが悪くなってしまいます。
彼とのデートでいい雰囲気になると、キスを求められることもありますよね。もし彼の顔が近づいてきたときに、ムダ毛がアップになるとどうでしょう。また、そのままキスされるとどんな展開が待っているのかも考えましょう。
ちなみに、女性のフェースラインが気になる男性は100人中30人いるとの説があります。ムダ毛が視界に入るとキスする気持ちが萎えてしまうという男性も多いようです。このことから、フェースラインのムダ毛の放置は恋愛の進展を妨げる原因になってしまうかもしれませんね。

ボディラインのケアも見逃せない

15_2

男性にとっては、女性のフェースライン以上に気になるのが「脇毛」の存在です。なんと、100人のうち35人の男性が気にしているといわれています。脇毛は気にしている女性も多いため、改めて指摘されるとキツイですよね。しかも、脇毛が気になるシーンは女性と親密な関係になったときによく見られます。脇毛の放置や剃り残しがあるのはもちろんですが、お肌がザラザラしていたり、黒ずんでいたりするのも男性が引く理由になっています。一方、自己処理のやり過ぎでお肌が傷ついているのも男性にとってはNGのようです。
なお、ボディラインのお手入れで意外と忘れがちなのは、うなじから背中に掛けてのケアです。自分では直接見えない部位であり自己処理が難しいことから、ついつい放置しがちです。しかし、暖かい季節になりお肌の露出度が高まってくると、まわりにいる人からは丸見え状態になります。また、和装をするときも目立ちますので、いつ浴衣でお出掛けしてもいいように日頃から気をつけておきましょう。

デリケートゾーンのケアも忘れずに

15_3

デリケートゾーンのお手入れができていないことも男性を遠ざける原因になるため、忘れずに行いましょう。彼とのスキンシップを行う場所は照明が暗いため気づかれないと思うかもしれませんが、実際はそうではないのです。ムダ毛のケアができていないデリケートゾーンについては、ジャングルみたい、オバサンみたいなど、大変衝撃的な意見も寄せられています。
デリケートゾーンのケアはどこまでするべきか迷うところですが、放置した状態はよくありません。ムダ毛が下着からはみ出るのを嫌がる男性は多いのです。もし気付かないままだと、せっかくおしゃれな下着を身に着けても台無しになるかもしれませんよね。また短い毛がボツボツ生えていたり、赤くなっていたりするのを敬遠する男性も少なくないようです。
なお、男性の半数以上は女性のムダ毛が気になるとの説があります。ただし、面と向かって言えない男性も少なくありません。このような背景もあり、ムダ毛の放置や自己処理の結果を目の当たりにして、100年の恋も一瞬で冷めてしまう男性がいることも知っておきましょう。