vラインの脱毛、自己処理しますか?それともサロンで?

vラインの脱毛、自己処理しますか?それともサロンで?

vラインは普段人目に触れることがないので、急に海に行くことになったり、温泉旅行に誘われたりした時に慌てて処理しようとする人も多いのではないでしょうか。元々皮膚が薄くデリケートな場所ですし、人によって毛質や量、生えている場所の範囲も様々です。vラインのムダ毛の量が少なく、細い毛の人は簡単な自己処理で済んでしまう人もいるでしょう。一方で肌が弱い人や、vラインのムダ毛の生え方が広範囲にわたっている人は、自己処理にも限界があるので困っている人もいるかもしれません。

vラインの自己処理で失敗しないために

自己処理をする時に気をつけておきたいポイントはいくつかあります。まず、手軽なカミソリですが、肌が弱い人は注意して自己処理する必要があります。vラインは体の部位の中でも曲線が多いところなので、カミソリが当たる場所を間違えてしまうと肌を傷つけてしまうことがあります。また、場所によっては、どうしても自分の手が届かないところもでてきてしまいます。肌が乾燥しやすい人は、カミソリで自己処理すると、角質層が一緒に削られてしまうために、かゆみや炎症などを起こす原因にもなります。vラインのようなデリケートな場所には自己処理後の肌の保湿は欠かせませんが、軟膏などの塗り薬の種類も限られてしまいます。薬局などで相談して選びましょう。

カミソリの他にできる自己処理方法としては、脱毛クリームや脱毛ワックスなどがあります。しかし、脱毛クリームは刺激が強すぎるため、皮膚が薄いvラインで使用すると肌に炎症をおこしてしまうことがあります。肌が弱い人は避けた方がよいかもしれません。また、脱毛ワックスは一気に広範囲の脱毛が可能になるので便利ですが、剥がす時に、一気に肌に力がかかるために肌に強い痛みを感じることがあります。自己処理の方法はいろいろあるのですが、慎重にケアする必要がありそうです。

正しい自己処理をするために

vラインの脱毛は毎日のことではないかもしれませんが、それでも面倒と思う人もいるでしょう。それに場所が場所なだけに、せっかくカミソリで処理した後もすぐに生えてきてしまい、ムダ毛が短いうちはチクチクして、下着とあたるとかゆみを感じることもあります。腕や足のように露出している部分ではありませんので、簡単に掻くこともできません。

それでも、お金をかけたくないし、人に処理してもらうのは恥ずかしいと思う人は自己処理に頼ることになります。比較的肌トラブルの少ない自己処理方法としては、肌に強い力をかけすぎず、ケアした後も保湿をしっかりすることが大切です。ヒートカッターなどを使えば、それほど肌に負担をかけずに自己処理ができます。ムダ毛の毛先も丸くなり、あのかゆみをもたらすチクチクした感覚を減らすことができます。

vラインの脱毛のわずらわしさから開放されるのは、やはり脱毛サロン

29_3vラインの脱毛、自己処理しますか?それともサロンで?

vラインは自己処理を完璧に行うには少々難易度が高い場所かもしれません。もし、綺麗にしたいと考えるなら、サロンなどで脱毛してもらった方が確実です。何回か通わなければなりませんが、肌へのダメージが少なく、間違った自己処理による炎症や色素沈着などの心配もありません。さらに、自分の手が届かない場所も専門のスタッフにお任せすることができます。

脱毛サロンでは処理後のアフターケアがしっかりしているところ、カウンセリングが充実しているところ、自己処理でありがちな痛みを軽減してくれる方法があるところなどを選ぶとよいでしょう。さらに、恥ずかしいと思う人もきっと少なくないと思います。安心してお任せできるかどうか、また、予約が比較的とりやすい脱毛サロンを選ぶことも大切なポイントといえます。