自己流でムダ毛を抜くとどうなる?気をつけたいポイント3つ

自己流でムダ毛を抜くとどうなる?気をつけたいポイント3つ

ムダ毛の悩みはつきないのではないでしょうか。ムダ毛が濃くて多い人は、数日に1回処理しなければならない煩わしさもあります。毎日、次から次へと伸びてくるあのムダ毛からお別れしたいと思う人も少なくないはずです。ムダ毛の処理を自分でやっている人は、カミソリや脱毛クリーム、自宅に脱毛機などを持っている人もいるかもしれません。しかし、カミソリなどではすぐに生えてきてしまうので、毛抜きなどで抜くという人が多いのも事実です。確かに毛抜きは使いなれてくると、スッとムダ毛が抜けることもあり、気持ちがいいものです。根のところから抜けるので、カミソリで剃るよりも長期間持ちますし、痛みが苦手でなければ毛抜きを使うという方法が好きな人もいるかもしれません。しかし、ムダ毛を抜くことは肌に思わぬダメージを与えてしまうことがあります。そして、ムダ毛も抜いたとしても、永遠にムダ毛とさよならをすることはできません。

毛抜きの使い方を間違うと炎症を起こす原因になります

毛の生え方は皆一定方向に向いているわけではありません。そのため、流れに沿って抜かなかったり、無理やり力を入れて皮膚をひっぱるようにムダ毛を抜いたりすることが癖になっている人は要注意です。ムダ毛が中途半端に抜けるだけでなく、肌が傷ついてしまいます。例え、しっかり毛の流れに沿って適切に自己処理をしたとしても、毛抜きで抜くことはリスクがとても高いということを知っておくことが大切です。

肌は自分が想像以上にダメージを受けていますので、そのままにしておくと毛穴に細菌などが入ってしまい、最悪の場合には肌の炎症を起こしてしまいます。無理やり抜いたムダ毛の毛穴には熱があり、腫れてしまうこともありますので、抜いた場所をしっかり冷やしておくことが必要です。さらに、細菌などの発生を防ぐために、ムダ毛を抜く前に毛抜きの消毒や肌をきちんと消毒するのを忘れないようにしましょう。また、刺激の少ない美容液などで保湿をすることも忘れずに行ってください。それでも、肌が弱い人は炎症などの肌トラブルを起こしてしまう可能性がありますので、毛抜きでムダ毛を抜くという行為は、できれば避けた方がいいかもしれません。

毛穴の黒いぶつぶつ、気になる人は要注意

49_2自己流でムダ毛を抜くとどうなる?気をつけたいポイント3つ

毛抜きでムダ毛を抜くことが習慣になっている人で、毛穴から新しく生えてきたムダ毛が濃くみえるという経験をしたことはありませんか。毛抜きで抜くと毛穴が傷つきますし、強い刺激や力が加わっていますので、毛根が割れてしまい、1つの毛穴から元々1本だった毛が分裂して生えてくることもあるのです。そのため、1つの毛穴に複数の毛が生えてくるので、結果的にムダ毛の量が増え、毛穴が太く見えたりするので毛が濃くなったと感じるのです。

さらに、傷ついた肌はケアを怠っていると毛穴に色素沈着がおこります。特に夏など強い紫外線のあたるところに肌をさらしていると、シミの原因にもなってしまいます。せっかく綺麗にムダ毛が抜けたとしても、そのままにしておくと、まるで肌に黒いブツブツがでているような毛穴になってしまうこともあります。

ムダ毛が肌の下にもぐりこんでしまい、抜けない

49_3自己流でムダ毛を抜くとどうなる?気をつけたいポイント3つ

毛抜きでムダ毛を抜くと、他にも肌トラブルが起きることがあります。薄い肌の下にムダ毛が生えてきて、目には見えているけれど、肌の下にもぐりこんでしまっているので抜くことができないという経験をした人はいるでしょうか。肌はストレスや無理な力がかかると肌の角質層が厚くなっていくのです。そのため、このような埋没毛と呼ばれる現象がおこってしまうのです。ムダ毛が丸まったまま肌の下に残るのは、想像しただけであまりよい気持ちはしないものです。

これは毛抜きで無理やり力をかけてムダ毛を抜くとよく起こることです。とても気になるので、肌を毛抜きでほじくり、ムダ毛を抜きたいと思うかもしれませんが、それは厳禁です。さらに肌が傷つき、角質層が厚くなり、埋没毛が増えていくという悪循環に陥ってしまいます。埋没毛はなかなか治らないので、そんな時は毛抜きを使うのを一旦お休みした方がいいかもしれません。