脱毛に日焼けはNG?紫外線対策で脱毛効率を上げよう

脱毛に日焼けはNG?紫外線対策で脱毛効率を上げよう

せっかく脱毛してつるつるお肌になったのに、荒れてカサカサのお肌になってしまっては元も子もありませんよね。実は日焼けは脱毛直後のお肌にダメージを与える大敵なのです。夏はどうしても露出が多くなってしまいますが、紫外線から皮膚を守るケアを怠ってしまうと、肌は通常より多くのダメージを受けてしまいます。キレイなお肌で脱毛効果を100%楽しむためにも、日焼け対策はしっかりと行いましょう!

紫外線は肌にどのような悪影響を与えるの?

夏は放っておくと自然と日焼けをしてしまう季節です。夏の紫外線はかなり強力で、通常の状態の肌だったとしてもかなりのダメージを与えます。脱毛マシンを使った施術後の肌は通常の状態よりも敏感になっているので、そこに強い紫外線が当たってしまうと、肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。また、脱毛施術後の肌は少し弱っているので、直射日光を多く浴びてしまうとシミを作ってしまいかねません。脱毛と引き換えにシミを作ってしまうのはなんとも悲しいので、日焼け対策は万全に行いましょう。

危険?日焼けした肌で施術してしまうとどうなるの?

紫外線対策は脱毛後だけではありません。脱毛前にもしっかり対策をしておかないと、施術中に肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。紫外線が当たった肌はすでにダメージを受けています。そこに脱毛マシンのレーザー光が当たると、最悪の場合火傷してしまうこともあります。このため、脱毛サロンに行っても日焼け具合では施術を延期するように言われてしまうケースもあります。施術前には肌の状態を完璧に整えておきましょう。

どんな紫外線対策がいいの?

特に紫外線が強い夏には、脱毛中は日焼け止めクリームを塗り、なるべく露出度の低い服を着るか、帽子や日傘などで直射日光を浴びない対策をとることが重要です。また、意味なく外に出ないことも対策の一つでしょう。しかし、日常生活を送る上で脱毛のために引きこもりがちにはなりたくないものですよね。普通に生活していれば日焼け対策を行っていても肌に紫外線が当たってしまうことは仕方がないものです。施術前に日焼けしてしまった場合は冷たいものを肌に当てて熱を冷ましたり、ボディクリームなどで肌を保湿ケアしてあげたりするといいでしょう。日光でダメージを受けた肌を早く回復させてあげられます。

冬のほうが脱毛には適している?

脱毛は一回で終了するわけではありません。毛には生え変わる周期があり、一度の施術だけでは全ての毛根を退治できないのです。そのため、最短でも一年、長ければ二年以上はサロンに通い続ける必要があります。夏には紫外線対策が必要ですが、冬はその逆で、紫外線が弱い上に肌を露出する機会が少ないので、実は脱毛にぴったりの季節と言えます。毛の量が一番多い時期に冬を持ってくるのは、脱毛開始としてはちょうどいいかもしれませんね。脱毛は早めに計画を立てると、夏に肌トラブルを起こす確率を軽減できます。

保湿は一年を通して大切!素早く脱毛を完了させるためのテクニックとは?

冬は乾燥肌になりがちな季節なので保湿ケアをしている人も多いと思いますが、保湿が大切なのは冬だけではありません。紫外線でダメージを受けた肌も保湿ケアで回復させることが可能なので、夏に保湿ケアをするのもとても重要なことなのです。特に脱毛をしているときは通常よりも肌トラブルを起こしがちです。肌を保湿して未然にトラブルを回避させ、なおかつトラブルが起きてしまっても回復を早めてくれる万能な保湿は、一年中を通して行いたいスキンケアですね。肌トラブルがあると脱毛マシンを使えないこともあるので、保湿は脱毛完了への近道なのです。

おすすめの脱毛サロンのKIREIMO(キレイモ)は予約が取りやすく全身脱毛33箇所で月額9,500円(税別)とお財布にもやさしい格安料金です。

他サロンでは含まれない事も多い「顔脱毛」などもプランに入っていますので、とてもお得です。またスリムアップ脱毛というスリムアップ成分を含んだ特性の鎮静ローションを使った脱毛方法も注目すべきポイントです!

デリケートゾーンの脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。