永久脱毛とはどんな状態?もしかして誤解してたかも!

永久脱毛とはどんな状態?もしかして誤解してたかも!

脱毛も終わったし、これで永久にもう1本も毛が生えてこない!と思っていませんか?しかし永久脱毛とは終わればもう一生毛が生えてこないということではありません。では一体永久脱毛とはどんなことをして、どんな状態になるものなのでしょうか。ここでは永久脱毛の定義や処理についてご紹介します。

永久脱毛の定義とは

永久脱毛とはどんな状態?もしかして誤解してたかも!
永久脱毛とは、行うと無毛になると思ってしまいがちなのですね。しかし永久脱毛の定義は、脱毛の施術を受けて1か月経過後に毛の再生率が20%以下である、というものです。ホルモンバランスの状態や生活サイクルの変化、環境の変化や年齢などの変化もあり、完全に毛の再生率を0%にすることは人間の体ですから難しいことです。永久脱毛というと、もう一生毛が生えてこないと思ってしまいますが、人によっては生えてくることもあります。現在では永久脱毛という呼び方に代わって、不再生脱毛という言葉も出てきており、この不再生脱毛が主流になってきつつあります。不再生脱毛とは、脱毛が完了したときに再発毛する毛の量が長期間にわたって減っている状態のことを言います。要するに、毛は減るけれど、いつか再生するかもしれませんよ、ということですね。永久脱毛は毛が今後一切生えてこないことだと考えていた人にとってはかなりショックかもしれませんが、日本の脱毛の歴史は意外と浅いので、まだまだそこまでの技術は難しいということでもあるかもしれません。

永久脱毛の処置、どんなことをする?

永久脱毛は、美容医療のちゃんとした医療技術者のいるクリニックで行われる医療レーザー脱毛か、資格保持者のいるところなら行うことのできるニードル脱毛の2種類があります。永久脱毛の処置は医療レーザー脱毛の場合メラニン色素に反応する光を照射して毛根を破壊します。肌の色素や毛の濃さなど個人差に合わせて、照射パワーを調整して行います。痛い場合には冷やしながら照射する、麻酔をするなどして脱毛処置していきます。ニードル脱毛は毛穴に針を挿入、電流を流し毛根を破壊します。その痛みと処置時間の長さから現在では行っているクリニックは少なくなっていますし、現在の主流はレーザー脱毛と言っていいでしょう。

不再生脱毛の光脱毛、永久脱毛に近づけられる?

永久脱毛とはどんな状態?もしかして誤解してたかも!
多くのサロンで採用されている光脱毛ですが、この脱毛方法はレーザー脱毛やニードル脱毛よりも痛みは少ないですし広範囲に行うことができるので人気の高い脱毛方法です。しかし淡い色素の毛や細い毛には効果が表れにくくなりますし、皮膚の色にも左右されます。光脱毛を行う際には今後また生えてくるかもしれませんが、通う回数を重ねることで永久脱毛の仕上がりに近づけることも可能です。サロンによっては回数無制限というサービスを行っているところもありますし、そういったところでなら完全に毛がなくなるまで通い続けることができるので永久脱毛に近い仕上がりになるでしょう。ただ、光脱毛はほくろやあざなどの部分には照射することはできません。脱毛したい部分にほくろがある場合には、照射の前にシールなどを貼り光が当たらないようにします。そのため通い続けてもほくろ、あざの部分から毛が生えてくることはあるでしょう。脱毛する場合にはどこに通うにしても、長い付き合いになります。最初のカウンセリングで長く通い続けられるところかどうかよく見極めてから脱毛するサロンを決めてください。光脱毛でも永久脱毛に近づけることはできますので、通う回数などを事前にサロンのスタッフとよく相談し、理想の仕上がりを伝えておくことも大切です。きれいなツルツルの肌を手に入れるために、しっかりとリサーチして挑んでくださいね!

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。