永久脱毛するときに気にしておきたいリスクとは?

永久脱毛するときに気にしておきたいリスクとは?

ムダ毛処理が面倒で、この悩みから開放されたいと思っている人の中には、永久脱毛を検討したことがある人も多いのではないでしょうか。しかし安全なのか、副作用などがないのか、料金がどれくらいかかるのか、など分からないことも沢山あるはずです。永久脱毛が危険だと考える人もいるかもしれませんが、実際には間違ったムダ毛の自己処理を続けるほうが、肌あれや肌を傷つける原因になることもあります。もちろん永久脱毛にも全く副作用やリスクがないわけではありません。しかし、脱毛サロンや医療機関をどのように選ぶかで、そのリスクを限りなくゼロに近づけることが可能です。

安全だといわれる永久脱毛、でも考えられる副作用は?

1_2

永久脱毛といわれているものには、主に医療機関で施術を受けられる医療レーザー脱毛、エステサロンなどで施術を受けられる光脱毛などがあります。
レーザー脱毛をしたときに、副作用で一般的に起こり得るのは火傷です。レーザー熱傷ともいわれています。考えられる原因としてはレーザーの熱が強すぎて毛根が火傷を起こしてしまうことが挙げられます。また、個人の肌質も影響することがあり、乾燥しすぎていると火傷になる場合があります。また、ホクロや色素沈着している部分にレーザーの熱が加わることにより、火傷になるリスクが上がります。
毛膿炎という炎症も副作用で起こることがあります。これはレーザー、光脱毛両方で起こり得ますので注意が必要です。レーザーなどの熱で毛根に熱が加えられると、皮膚の組織に傷がつきやすくなります。その状態で雑菌が入ってしまうと傷が膿んでしまい、毛膿炎を引き起こします。デリケートゾーンやヒゲ脱毛などで起こりやすいといわれています。

副作用のリスクを軽減するためには

エステサロンの光脱毛は医療レーザーなどに比べて熱の出力が低いため、肌に不安のある人は光脱毛を選択すると副作用のリスクを軽減することができます。医療レーザーは種類も豊富で、即効性が得られる可能性がありますが、火傷などの副作用のリスクは多少高まります。出来る限り副作用を起こさないようにするためには、施術前に自分の肌のコンディションを整えておくこと、施術を受ける場所を清潔にしておくこと、などの準備は欠かさないようにしましょう。これだけで、副作用だけでなく、肌ダメージも抑え、施術中の痛みも少なく感じます。
しかし、光脱毛、レーザー脱毛共に、針による永久脱毛よりも炎症などを起こすリスクは確実に低いため、それほど気にしなくても大丈夫かもしれません。さらに、医療機関やエステサロンなどでは、皮膚科の医師に相談ができる窓口が整っていることも多くあります。脱毛の施術後に赤い発疹がでてきてしまったり、痒みなどが発生したりしたときは薬を処方してもらえますし、火傷などの処置も安心してお任せすることができます。

永久脱毛の副作用が気になる人は、まずは相談してみましょう

1_3

まだ永久脱毛を始めていない段階では副作用が気になってしまい、なかなか踏み出す勇気が出ないと考えてしまう人も多くいるかもしれません。しかし、考えられる副作用のリスクをしっかりと理解しておけば、防げる可能性も高いのです。やってみたいけれど始める前の段階で躊躇してしまうのは勿体ないことです。安心して永久脱毛を始めるためには、自分はどのような施術が向いているのかをエステサロンや医療機関で納得のいくまで質問をしてみることが、一番大切なことかもしれません。レーザー脱毛とひとことでいっても、何種類ものレーザー機器があります。自分の毛の質に合った施術が受けられそうか、施設内の衛生管理はしっかりしていそうか、万が一副作用が発生したときに医療機関との連携はとれているか、などを確認してみましょう。さらに、スタッフが十分な知識や技術を持っているかどうか、質問しやすい雰囲気かどうか、なども重要な確認事項です。