気になるけど聞きにくい… Vラインはどんな形が人気?

気になるけど聞きにくい… Vラインはどんな形が人気?

Vラインはどう形を決めるべき?

みんなどうしてるか、聞きたくてもなかなか聞きずらいのがVラインの形について。デリケートゾーンの処理はさまざまな理由で行われますが、VIOライン、とりわけVラインは他のIOラインと違い、温泉などで人目に触れる部分なので、すべて脱毛あるいは剃るということはあまりないようです。ですから、Vラインをどういう形にするのかは重要です。Vラインの形の決め方は、基本的には個人の好みということになりますが、水泳などのスポーツ、ダンスなどで、水着やスポーツウェア、下半身を露出するような衣装を着る機会のある人は、Vラインからはみ出る体毛を避ける意味で、好みよりも実益で形を決めた方がよいでしょう。スポーツなどの理由でVラインの形を決める必要がない場合は、温泉などに行く機会が多いのか、によって決めてもよいですね。人の目を気にする必要がなければ、おしゃれなど自分の好みにより自由にすればよいでしょう。

ナチュラルから個性派まで… どんな形がある?

さて、Vラインの形にはどのような種類があるのでしょうか。基本的には好みによりさまざまな形にすることができますが、代表的な形には、逆三角形型、オーバル型、スクエア型、Iライン型、ハート型、スター型などがあります。Vラインのもともとの形を生かした逆三角形型やスクエア型など自然な形もあれば、スター型などかなり個性的な形もありバラエティーに富んでいます。代表的な形以外にも、自分の好きな形にもできるので、より個性的な形を楽しむこともできますね。ちなみに男性は、特に形に対しての好みはあまりないようですが、ショーツなどからはみ出ているのはNGという意見が多いようです。ですが、ハイジニーナ型というすべてなくしてしまう形に対しては突飛すぎると感じるようです。びっくりさせない形を頭におきつつ形を考えるのも大事かもしれません。

今は自然なオーバル型や逆三角形が人気

さまざまな形のあるVラインですが、いまどんな形が人気があるのでしょうか。一番人気が高いのが逆三角形型、そしてオーバル型のようです。いずれも自然に見えるからというのが人気の理由です。逆三角形はそもそもの自然なVラインの形を生かしているので誰にでも受け入れられますし、脱毛や毛剃りをしているかどうかさえも気づかれない形です。あまり個性的なものを望まない場合やアンダーヘアの処理だけしたいといったような場合におすすめです。また、オーバル型は女性らしさや上品さが人気です。より楕円に広げたオーバル型の方が自然に見えるようです。自然さも欲しいけれど、少々個性を出したい、おしゃれ感をだしたい、という場合にはオーバル型がぴったりです。はみ出しなどの処理はきちんとしたいけれど、自然に見せたい、美しく見せたいというのが多くの女性の思いなのですね。

自然に見せるポイントは?

アンダーヘアの処理は女性にとって大事なものです。人目に触れる部分ではありませんが、はみ出しなどの処理のためにするVラインの脱毛や毛剃りには、自然な形はもとより、おしゃれ感や女性らしさも加えたいものですね。逆三角形型やオーバル型などの、もともとのVラインの形を生かしたものをベースにすると自然に見せられるでしょう。あまり大きく変えないで少々手を加える程度にすると、自然で個性も出せる自分らしい形にすることができます。例えばハート型などはちょっと個性的ですが、これも逆三角形型の変形といえます。逆三角の底辺の部分に丸みをつけるのですが、丸みの部分を大きいものにしなければやわらかい、自然なハート型にすることができます。このように、個性的な形であってもやわらかいラインをつけることで自然に見せることができるので、Vラインをより楽しむことができます。Vラインは実用だけではなく、おしゃれを表現できる部分です。自分らしい形を探してみましょう。