未成年でもできるの?永久脱毛についてのアレコレ

3-1

10代の未成年でもやっぱり気になるのがムダ毛です。思春期を迎えて周りの目が気になってくる年頃であり、それだけにムダ毛の処理には気を使うものです。永久脱毛をしたいと考える10代の高校生や大学生は決して珍しくありませんが、そもそも未成年者に永久脱毛ができるのでしょうか。今回は未成年の永久脱毛にスポットをあてて、詳しく解説していきます。

保護者の許可を取ろう

最初にいっておかなければならないことは、18歳未満に関しては永久脱毛そのものができない場合があるということです。18歳未満の未成年者はまだ成長途上にあります。そのため身体の機能がまだ完全にできあがっているわけではありません。皮脂腺や汗腺などの体毛の生成に大きく関わってくる身体機能も成長途上です。その身体機能が発育の途上にある段階で永久脱毛をしてしまうと、身体のさまざまな機能に良くない影響を及ぼしてしまう危険性もないとはいいきれません。ですから、もし高校生などの未成年者が永久脱毛をしたいというのであれば、まずは医師と相談して可能かどうかを判断してもらう必要があります。その際にはもちろん保護者の許可が必要となり、未成年者が自分の判断だけで永久脱毛をすることはできないので注意しておきましょう。最近では高校生でもムダ毛の自己処理をするのが一般的になってきています。ムダ毛がコンプレックスになってしまう高校生も少なくないため、どうしても永久脱毛したいというのであれば、まずは保護者の許可を取ってしっかりした医療機関で永久脱毛できるかどうかを診てもらいましょう。

永久脱毛をしてもまた生えてくる?

3-2

前述のとおり、未成年者は身体のさまざまな機能がまだ発展途上の段階にあります。そのため、たとえ永久脱毛を施したとしても、必ずしも体毛を完全に処理できるわけではありません。つまり脱毛をした箇所から再び毛が生えてくるということも十分に考えられるということです。ただ、それは決して悪いことではありません。いわば身体の発毛機能が正常に動いていることの証であり、それ自体が若さの象徴だということができるでしょう。未成年者に限らず、永久脱毛をしても脱毛した箇所からまた毛が生えてくるという人は決して珍しい存在ではありません。そもそも永久脱毛という方法自体、継続して施術を行うことでその効果を得るという脱毛方法です。エステ脱毛などの脱毛方法は、脱毛器の出力が医療機関のそれよりも弱く設定されているため、実際の脱毛効果を得られるまでに時間がかかります。脱毛の出力そのものが弱いため、完全に脱毛しきれないということもあるでしょう。未成年者の場合は特にその傾向が強いため、永久脱毛をしても再び毛が生えてくることがあるわけです。

ムダ毛に悩んでいるなら

3-3

もし未成年者でムダ毛に悩んでいるなら、保護者と一緒にカウンセリングを受けてみるのもひとつの手です。特にムダ毛そのものにコンプレックスを抱いてしまっているなら、カウンセリングを受けることで悩みを解決できる可能性があります。未成年者の場合、永久脱毛そのものができないこともあり、そうなるとますますコンプレックスを深めてしまうことも考えられます。もし永久脱毛ができないということになっても、カウンセリングでは他のさまざまな脱毛方法を教えてくれますから、保護者と一緒にまずはカウンセリングを受けてみると良いでしょう。また、脱毛に関するカウンセリングにおいては、永久脱毛に関するさまざまな疑問や質問をすることもできます。未成年者の場合では、永久脱毛をすることで成年者よりも気を付けなければならないことも多々あります。永久脱毛をするにあたって、生活の中で注意することなどを事前に知っておくことは、永久脱毛を受けることによるさまざまなトラブルを回避することにもつながるでしょう。ムダ毛に悩んでいるならそれを恥ずかしいと思わずに、まず一歩を踏み出してみることが大切です。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。