未成年が永久脱毛の施術を受けるには?

未成年が永久脱毛の施術を受けるには?

ミニスカートやノースリーブなど、肌を露出したオシャレを思う存分楽しめるのは、若い時の特権でもありますね!ところが、気になってしまうのがムダ毛の問題…。せっかくの若さあふれる素肌も、黒い毛穴がポツポツ目立ってしまっては台無しですよね。自己処理の後、毛が生えかけのお肌はチクチク、ザラザラするので、お友達や彼氏と肌が触れ合うたびに「今、チクッとしたかも!?」とヒヤヒヤしてしまう方もいるのでは?電車でつり革を持つのにも、視線が気になって躊躇してしまいますね。
また、カミソリでの自己処理を繰り返していると、色素沈着の原因にもなりかねません。毛抜きを使って地道に一本一本処理するのは、時間がかかる上に埋没毛となってしまい、見た目も良くないですね。そんな自己処理のわずらわしさから解放されて、お肌の状態も良好に保てるのが永久脱毛の魅力です。

未成年でも永久脱毛って受けられる?年齢や条件は?

3_2未成年が永久脱毛の施術を受けるには?

永久脱毛をいずれするのであれば、できる限り早いうちに始めてムダ毛のお悩みからオサラバしたいですよね。では、一体いつから永久脱毛は可能なのでしょうか。脱毛ができる年齢や条件は、サロンによって異なります。年齢制限なしで行っている所もあれば、7歳以上から、15歳以上から、あるいは生理が来ている事が条件の場合もあります。
幼い子供は大人に比べて肌の状態もまだ弱く、体が未完成です。脱毛処理した毛は細く薄くなっていくものの、成長期ですから新たな毛もどんどん生えてきます。結果的に、大人より脱毛を終了するまでの期間が長くかかってしまう可能性が考えられます。そのため、ある程度成長が落ち着いてから行う方が望ましいですね。生理が来ているかどうかは、脱毛をスタートする時期の目安になります。女の子の成長期が止まるのは平均16歳と言われているので、高校生ぐらいならが安心して始められるでしょう。未成年が施術を受ける場合、親の承諾書が必要になります。

費用を明確にしてから、安心して始めましょう!

永久脱毛をいざスタートしてみたけれど、「予想外にお金がかかった!」「お金が足りなくて途中で断念…」なんて事にならないためにも、始める際に総額がどれくらいかかるのかクリアにしておくことが大切です。永久脱毛は、美容外科などのクリニックで行う場合とサロンで行う場合があり、それぞれ効果も費用も異なります。
クリニックでの脱毛は費用の部分だと高くなりますが、効果が高い医療レーザーを使用しますので、脱毛期間が短くて済みます。具体的な費用はクリニックにより異なりますが、例えばワキの場合は1回5,000円前後、ひざ下は1回20,000円前後です。一方、エステなどのサロンで行う脱毛の場合、レーザーの出力は低めになりますが、費用はリーズナブル。サロンによってかなり幅があり、ワキの場合1回5,000円の所もあれば、キャンペーンによって3回2,000円程度で受けられるケースも。サロンではこのようなキャンペーンが盛んで、ワキとVラインがセット、回数も無制限で100円!というケースもあります。また、全身脱毛の費用も昔に比べて下がってきており、月に1万円ほどで施術が可能なので検討してみると良いでしょう。

リスクやデメリットもきちんと把握しておく事が大切

とっても魅力的な永久脱毛ですが、デメリットや注意点もあります。第一に、レーザーで毛根を熱処理するためそれなりの痛みがあります。一般的には輪ゴムで弾くような痛みと言われていますが、感じ方には個人差があるでしょう。毛が黒くて濃い人の方が、薄い人より痛みは強くなる傾向です。出力の高い機器を使う医療脱毛より、サロンでの脱毛の方が痛みは少なくなります。痛みに弱い人は、サロンでの脱毛を選ぶと良いですね。
また、レーザー脱毛は黒いものに反応して毛根を破壊する方法ですので、日焼けした黒い肌には向きません。日焼けが著しいと施術を断られる場合もあるので、特に夏場は要注意です。日焼け止めクリームをしっかり塗ったり、UVカット効果がある長袖パーカーを羽織ったりするなどして対策を講じましょう。日焼けの心配が少ない冬場に脱毛をするのも安心ですね。
リスクとしては、レーザーの熱によってヤケドをする可能性もゼロではありません。乾燥した肌は、肌を守る機能も低下しているのでヤケドのリスクも高まります。しっかりと保湿して、潤いのある肌を保っておきましょう。
脱毛をする前に、まずはリスクやデメリットをきちんと把握しておき、信用のおけるクリニックやサロンで施術してもらうことが大切ですね。いきなり全身脱毛を契約するのではなく、まずはキャンペーンなどでお試しをして様子をみるのもオススメですよ。