埋没毛に永久脱毛は効果的?!埋没毛のメカニズムと解消法

埋没毛に永久脱毛は効果的?!埋没毛のメカニズムと解消法

自分でムダ毛の処理をしていると、たまに黒いぽつぽつを見つけることはありませんか。表面を触っても肌を触っている感触だけで、毛が生えている感じはしません。しかし、実はこの黒いぽつぽつの正体は埋没毛と呼ばれる毛なのです。通常毛は皮膚の下で生成された後、皮膚の表面から顔を出すのですが、埋没毛は何らかの原因で皮膚から出てくることができず、そのまま皮膚の中で成長してしまいます。そのため触っても毛が生えているような感触がないのです。では、一体埋没毛の原因とは何なのでしょうか。埋没毛のメカニズムや解消法についてご紹介します。

自己処理の脱毛方法が埋没毛の原因を作っている

4_2

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしてムダ毛を処理している人が多いのではないでしょうか。お金をかけずに脱毛するには最適な方法ですが、埋没毛という女性にはちょっと困った毛の原因を作ってしまうこともあります。
埋没毛の原因の一つは、皮膚が厚くなることです。毛を剃ったり抜いたりすると少なからず肌が傷つきます。傷が修復される段階で皮膚がお互いにくっついて毛穴をふさいでしまったり、できものなどで分厚くなったりして成長途中の毛が皮膚の中から出られなくなるのです。また、他の原因として、同じく自分で毛の処理をしているうちに中途半端に毛を引っ張ってしまい途中で毛が切れたり、カミソリで剃った尖った毛がまっすぐに生えず皮膚の中でぐるぐる巻きに成長してしまったりすることが挙げられるでしょう。
一方、肌質によっても埋没毛ができやすくなります。肌がデリケートな人が自分でムダ毛の処理をすると、自分でも気がつかないうちに肌への負担を大きくかけていることがあります。つまり、デリケートな肌質の人の皮膚は傷つきやすく、自己修復能力によって皮膚同士がくっつきやすいのです。埋没毛は放置しておくと炎症を起こすことがあるので、見つけ次第なるべく早く対策をとることが大切です。

埋没毛には永久脱毛?その理由とは

肌の下に埋まっている埋没毛を取り除くにはいくつかの方法があります。まずは角質を取り除いて、毛が皮膚の表面に出るようにしてあげることです。スクラブなどを使うと効果的ですが、デリケートな肌質の場合皮膚を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。
もう一つの効果的な方法は永久脱毛です。永久脱毛とは毛のメラニン色素に反応するレーザーなどで毛根を破壊する脱毛方法で、埋没毛になる原因を作りません。また、すでにある埋没毛の毛根も破壊されるので、スクラブなどを使用しなくても、時間が経てば自然と皮膚の表面に出てきて抜け落ちていきます。埋没毛が取れるだけではなく、その原因さえも作らない永久脱毛はとっても魅力的ですよね。しかも、永久脱毛後は自分で毛の処理を行う必要もなくなるため、永久脱毛は女性にとって美容の強い味方と言えるでしょう。

埋没毛対策のコストはいくら?

4_3

永久脱毛にかかる費用は施術するサロンや病院によって異なるため明確にいくらと言うのは困難ですが、病院で医師の管理のもと行われる永久脱毛は、脱毛サロンと呼ばれる美容サロンに比べ比較的高価な傾向があります。メリットとしては医師がいるので、施術後何か異変があった場合はすぐに相談できることでしょう。
また、施術する毎にお金がかかるところもあれば、1年間で何回でも通えるコース料金があるなど、様々な料金体系があります。部分脱毛か全身脱毛かでも金額は変わってきますが、お得に脱毛をしたい場合は、やはりコース料金となっているサロンや病院に行く方がいいでしょう。コース料金だと施術したのに効果が出なかった場合には何回でもやり直すことができます。