危険!日焼けが永久脱毛の肌に与える影響とは

危険!日焼けが永久脱毛の肌に与える影響とは

女性の永遠の悩みともいえる、ムダ毛。自己処理は手軽ですが、デメリットもあります。肌トラブルの原因になりやすいことに加えて、こまめに処理をしなければなりません。このような問題から、永久脱毛をして自己処理の必要をなくすという選択をする女性も多くいます。しかし、永久脱毛には気を付けたいことがあります。

日焼けした肌は、赤みやかゆみの原因に

永久脱毛をしていると、「日焼けしたお肌には施術することができませんので、ご注意ください」と言われたことはありませんか?日光に直接さらされることの少ないわきの下やアンダーヘアならまだしも、多くの人が脱毛している腕や脚の日焼けを完全に防ぐのは、なかなか難しいですよね。では、永久脱毛をしている肌に日焼けはどのような影響を与えるのでしょうか。日焼けした肌に含まれるメラニンは、永久脱毛の施術によく使われているレーザーの光に反応しやすいという特徴があります。レーザーの光は、黒や茶色、赤の色素に反応しやすくなっているので、日焼けにより黒や茶、赤っぽくなってしまった肌に反応してしまいます。そのような肌にレーザーの光を当てると、メラニンが反応し、強い痛みを感じることがあります。また、施術後も日焼けが肌に大きな影響を与えます。レーザーの光により、肌は少なからずダメージを受けています。ダメージを受けた肌が日焼けすると、非常にメラニンが反応しやすくなります。その結果、反応した部分が赤くひりひりとしたり、かゆくなったりすることがあります。日焼けした肌はとても敏感になっているので、レーザーの刺激は肌にダメージやストレスなどの影響を与えてしまうのです。

色素沈着やシミの原因になり、かえって肌トラブルになるかも…

日焼けにより赤みやかゆみのある肌は、ひどい場合は色素沈着、黒ずみやシミの原因にもなりかねません。赤く炎症した肌は、いわゆるやけどと同じ状況です。やけどの痕が残ってしまうように、炎症がおさまっても肌が黒ずんでしまうのです。色素沈着の場合は、肌や産毛が以前よりも黒ずんでしまうことがあります。これではせっかく脱毛をしても、かえって美肌から遠ざかってしまいます。

念入りな日焼け対策で、ムダ毛のない美肌に!

このような理由から、早く理想の肌を手に入れるためにも、日焼け対策は大切です。日焼けを防ぐためにもっともオーソドックスな方法は、日焼け止めをこまめに塗ることです。季節を問わず、外出時は日焼け止めを手放さないように心がけましょう。日焼け止めは、ドラッグストアやバラエティショップなどで購入してもかまいませんが、永久脱毛用に販売しているオリジナルのものもあります。市販のものよりも少々値が張りますが、美肌成分や保湿成分、除毛成分が配合されているものもあるので、さらに施術の効果を感じることができるでしょう。また、日焼け同様に乾燥も肌に悪影響を及ぼします。施術を行った後の肌はとても乾燥しやすく、美肌になるのを遠ざけることになります。乾燥を防ぐためにも、保湿成分が配合された日焼け止めで対策することは大切です。特に、部分的ではなく全身の永久脱毛をしている人は、脱毛箇所すべてに日焼け対策をする必要があります。中にはうなじや顔など、服だけではカバーしづらい箇所を施術している人も多くいます。そのような人は、うっかり日焼けをしてしまわないよう、日焼け止めで対策をしましょう。加えて、日傘やアームカバー、帽子などで紫外線をブロックしましょう。比較的日焼けのしにくい季節である、秋や冬から永久脱毛をスタートさせることもひとつの方法です。もし、うっかりと日焼けをしてしまったという場合は、できるだけ炎症を和らげるため、冷たい化粧水やクリームを塗って保湿しましょう。肌がひりひりするので、お風呂はぬるま湯にしておきましょう。日焼けした肌のための炎症を抑え、保湿するクリームやジェルもありますよ。念入りに日焼け対策をして理想の肌に近づけましょう。