他人の脱毛処理をしてみたい!?脱毛サロンの求人とは

他人の脱毛処理をしてみたい!?脱毛サロンの求人とは

多くの女性が行っているであろう、脱毛処理。自分で脱毛処理を行うより「脱毛サロン」に通ったほうが簡単でキレイに処置することができるとも言われています。脱毛サロンに通ったことのある人は多いようですが、脱毛を処理する側としてサロンで働いてみたいと思う方はどのくらいいるのでしょうか。今回は脱毛サロンの求人に応募したことがある方がどれくらいいるのかアンケートを取ってみました。

1
【質問】
脱毛サロンの求人に応募したことはありますか?

【回答数】
ある:9
ない:91

自分の脱毛で精いっぱい!?求人に募集したことはありません

アンケートの結果、求人に「応募したことがない」方が9割に上りました。

・サロンで働きたいとは思わないからです。どちらかといえば、利用したいです。(20代/女性/専業主婦)

・これは医者や看護師の方たちにも言えることですが、人の体に対して責任を持つことが出来ないと思ったからです。人の体に触れて何かあってからではもう遅いので、私は求人に応募しようとは思いませんでした。(20代/女性/契約派遣社員)

・脱毛サロンで働くことのできるスキルは持っていないので、応募したことはないです。(20代/女性/学生)

定期的に行わなくてはいけない脱毛処理。自分のムダ毛に向き合うのも大変なのに、他人の脱毛を処理することには抵抗がある人が多いようです。また、脱毛は手足の他にもワキやVラインなど、他人のデリケートゾーンに踏み込んで処置をする必要があります。恥ずかしさもありますし、レーザーを使った処置は医療的なイメージもあります。技術的にもハードルの高い仕事であり、簡単に応募できる仕事ではない、そう考えている人が多いようです。

肌に触れる究極の接客業!?求人に応募しました!

一方、求人に「応募したことがある」と答えた方もおよそ1割いました。

・脱毛自体に興味があり、人と接することが好きだったので応募をしました(20代/女性/専業主婦)

・社員割で脱毛できるって言っていたので応募したことがある。脱毛サロンって少し憧れがある(20代/女性/会社員)

・時給が良さそうだったのと、自宅から近かったので応募しました。(20代/女性/学生)

脱毛の仕事はお客さんの肌に触れながら脱毛処置をすることも多いですから、接客業に興味のある方や、人とコミュニケーションを取るのがうまい方が応募しているようです。レーザーを取り扱う技術や経験は重要ですが、それでもお客さんとのふれあいや肌が美しくなることへのやりがいを感じられる仕事でもあります。自分の脱毛処理が格安でできることもあり、働いてみると意外と楽しいお仕事かもしれません。

脱毛サロンは働く人より通う人になりたいのが9割!

ムダ毛を処置し、スベスベの美しい肌にしてくれる脱毛サロン。一度は通ってみたいと悩む人も多く、自分がその店で働く立場になるのは想像できないようですね。また、人の脱毛処理をするのは責任が重いと考える人もたくさんいました。ただ働く立場になれば、美肌に対する知識が増え、格安の料金で脱毛処理できるといったメリットもあるようです。自分の脱毛に悩んでいるのであれば思い切って働く側に立ち、仕事を通じて脱毛に関する知識を増やすのもアリかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年09月23日~2016年10月07日
  • 有効回答数:100サンプル