今更聞けない本当のところ… vioゾーンのケアってどうやるの?

今更聞けない本当のところ… vioゾーンのケアってどうやるの?

vioってなぜ処理するの?

最近ではvioゾーンを処理する人が増えてきていますが、なぜ処理するのでしょうか。もしvioが未処理の場合、ショーツからムダ毛がはみ出してしまい、自分でもゲンナリしてしまうことでしょう。vioを処理すれば、そんなお悩みから解放されます。自分が身につけたいショーツや水着を自信持って着こなせるようになることが、大きなメリット言えます。また、iラインやoラインを処理することによって、排泄物や分泌物などが体毛にからまって溜まってしまうことがなくなります。通気性も良くなるため、生理中のムレやニオイなどの不快感からも解消されます。デリケートゾーンを常に清潔に保つことができるのも、vioを処理する理由の一つです。また、男性は「女性はあまり毛が生えていない」というイメージを持っています。男性をギョッとさせないためにも、濃いvioゾーンのムダ毛は処理しておきたいものです。

vioのセルフケアは難しい

腕や足は自分でカミソリなどを使って処理している人も多いかもしれません。自宅で好きなときに処理できるので気軽ですね。でも、vioゾーンを自分で処理するのはかなり大変。自分では見えにくい部分だからです。vラインはともかく、iライン、さらにoラインとなると自分ではもうお手上げです。また、vioの肌はとってもデリケート。カミソリの刺激によって、赤くなったりかゆくなったり肌トラブルが起きてしまうこともあります。自己処理を繰り返していると、色素沈着を起こしてだんだん肌が黒ずんできてしまいます。カミソリによる自己処理は、生えてくるときにチクチクしたり、ショーツから突き出して見た目も悪くなってしまったりするのも困ったところでしょう。自分での処理が難しく肌トラブルが起きやすいvioゾーンは、サロンでプロによって脱毛してもらうのがおすすめです。

vio脱毛って恥ずかしくない?

サロンで脱毛したいと思いつつも、「やっぱり恥ずかしい…」とためらっている人もいるかもしれません。vioは極めてプライベートな部分なので、他人の目にさらすのには抵抗がありますよね。でも、できるだけ恥ずかしい思いをしないようにサロン側も考えてくれています。vio脱毛は全裸になって施術するイメージを持っていませんか?実際には、そんなことはありません。着替えの際には下着を脱ぎますが、専用の紙ショーツが準備されているので履き替えて、バスタオルなどで体を包みます。ブラジャーはつけたままでOKです。着替えの間は、スタッフは席をはずしてくれるので気兼ね入りません。vラインは、基本的にショーツからはみ出した部分を処理します。Iラインやoラインは、ショーツをずらしながら、大切な部分が見えないように隠しながら処理をしてもらえます。最初は恥ずかしく感じるかもしれませんが、回数を重ねるうちにだんだん慣れて平気になることでしょう。

定番の形や人気のデザイン

Vラインを希望の形に整えてくれるサロンもあります。みんなは、どんな形やデザインにしているのでしょうか。定番の形は、逆三角形。日本人に最も馴染みやすく、初心者にもおすすめの形です。幅の広い三角形にしておけば、違う形にしたくなったときに変えやすいというメリットがあります。三角形の大きさは、小さくすればするほどかわいさがアップしますよ。ほかには、小さな丸型も人気があります。丸みは女性らしさを感じる形なので、男性ウケも良い形と言えます。曲線に整えるのは、自分でやるには至難の業。ぜひプロにお任せしたいスタイルです。セクシーな雰囲気を出せる人気の形は、縦に細長いIライン型です。海外でも人気があります。横幅を狭くすればするほど、セクシーさが増していきます。逆三角形型に比べると、ムダ毛の面積もかなり少なくなります。セクシーな下着も楽しめてしまうのが、人気の秘密でしょう。

自分にもっと自信が持てるvio脱毛に、あなたも挑戦してみませんか。