人には聞けない!vioゾーンの正しいムダ毛処理の仕方と注意点

人には聞けない!vioゾーンの正しいムダ毛処理の仕方と注意点

ムダ毛の処理の中でも一番気を使うのが、vioゾーンです。非常にデリケートな場所なので、ちょっとしたことがトラブルの元になります。水着を着るための処理だったのに、油断をしたために肌が炎症を起こし、水着姿を人に見せられなくなったなんてことにもなりかねません。そこで、基本的な処理の方法と注意点についてご説明します。

ちょっとした油断がvioゾーンを傷つける!間違いだらけのムダ毛処理

1_2人には聞けない!vioゾーンの正しいムダ毛処理の仕方と注意点

ムダ毛処理の方法は色々ありますが、なるべく避けてほしいのが毛抜きよる処理です。肌にかなりの負担をかけるため、埋没毛になる恐れもあります。埋没毛とは、毛穴が傷付いて出口を失った体毛が、皮膚の内部で成長した状態のことです。放置しておけば、やがて体内に吸収されていきますが、色素が沈殿して黒ずみになる可能性があります。
次に、除毛クリームはですが、成分が強いため、肌荒れの原因となります。使ってみて悲惨なことになっては手遅れです。まずは、小さな範囲で試してみて、問題がないかを確認しましょう。ただ、vラインはよいとしても、iラインとoラインは特にデリケート場所なので、除毛クリームを使用することはあまりおすすめできません。
最後はカミソリですが、これも方法を間違えるとトラブルの元です。例えば、刃を交換せずに古いまま使っていると、カミソリ負けの原因となります。また、カミソリが汚れていると、肌に細菌が侵入して赤いブツブツや炎症を引き起こします。さらに、仕上がりが気に入らないからと何度も同じところを剃ったり、逆剃りをしたりするのもカミソリ負けの原因です。

自分では処理しづらいvioゾーンは脱毛サロンにおまかせ!

vioゾーンのムダ毛処理は、ひとりではなかなか難しいものです。そこで、おすすめなのが脱毛サロンです。サロンでは光脱毛の機器を用い、毛母細胞破壊します。すると、体毛は根元から抜け落ちるので、カミソリでムダ毛処理をした時のように剃り跡が気になるようなこともありません。しかも、肌に負担をかけることもないので、毛抜きや除毛クリームを使用した時のようなトラブルとも無縁です。
ただ、脱毛サロンで処理を行うのには、何度も店に通う必要があるので、それが面倒だと思うかもしれません。しかし、カミソリや除毛クリームでの処理は、一生続けていく必要がありますが、脱毛サロンなら永久脱毛に近い状態までもっていくことが可能です。長い目で見れば、脱毛サロンで処理をしてもらった方が、大幅に手間が省けるのです。
また、脱毛サロンで行う光脱毛に類似したものとして、医療機関で行うレーザー脱毛があります。基本原理は光脱毛と同じですが、威力が強力な分、少ない回数での処理が可能です。ただ、価格が高く、施術時に痛みが生じるという欠点があります。それぞれ一長一短ですが、初心者の方は、敷居の低い脱毛サロンでその効果を試してみてはいかがでしょうか。

脱毛サロンに抵抗がある方に!簡単にできるvioのセルフケア

1_3人には聞けない!vioゾーンの正しいムダ毛処理の仕方と注意点

vioラインのムダ毛処理は、脱毛サロンを利用するのが一番安心ですが、相手が専門スタッフといえ、恥ずかしい部分をまかせるのには抵抗を感じるという方もいるでしょう。そういう場合は、家庭用光脱毛機がおすすめです。威力はサロンのものと比べると弱めですが、いつでも好きな時間に使えるという強みがあります。しかも、光脱毛は、カミソリや除毛クリームほど肌に負担をかけないので安心です。ただ、vioラインがデリケートな部分であることは違いないので、最初は少しずつ様子をみながら行った方がよいでしょう。
また、光脱毛を使用するのが不安だというのであれば、ヒートカッターはいかがでしょうか。基本はカミソリでの処理と同じですが、体毛を熱で焼くので切り口が丸みを帯び、チクチクした感覚がありません、さらに、炎症などの肌トラブルが起きるリスクも大幅に低減されます。カミソリと比べると処理に時間はかかりますが、トラブルの心配をせずに行えるというのは、大きな魅力だと言えるでしょう。