どこの部位を脱毛する?基本パーツと意外な場所

どこの部位を脱毛する?基本パーツと意外な場所

まずはワキと両腕足から

まずはワキと両腕足から

ワキは体に生えている毛の中でも太く、ノースリーブや半袖になった際には目立ってしまいやすい部位でもあります。カミソリや毛抜きで自己処理を行う場合は、習慣的に繰り返し処理を行わなければいけません。しかし、ワキは体の中でも皮膚が薄く、デリケートな部分でもあります。カミソリや毛抜きによって繰り返し自己処理を行っていると、肌が傷つきやすくなってします。ワキは汗をかきやすく、肌と肌が密着している箇所でもあるため、雑菌が繁殖しやすい環境です。カミソリや毛抜きなどによって肌表面が傷つき、肌のバリア機能が低下している状態に雑菌が付着してしまうと、毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こす原因にもなります。また、ワキと同じようにムダ毛が目立ちやすく、自己処理を行う頻度が高い部位といえば、両腕や両足です。ワキと同様に自己処理の頻度が高いこれらの部位は、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしやすくなります。脱毛専用サロンや、医療脱毛でムダ毛の処理を始めようと考えている方は、まずワキや両腕、両足の脱毛から始めるとよいでしょう。自己処理の回数もぐんと減り、カミソリ負けや毛嚢炎などの肌トラブルの解消にもつながります。

恥ずかしいけど大切なVIO

VIOは脱毛部位の中でも人気が高い部位です。VIO脱毛は、欧米では女性のたしなみとして広く浸透していますが、日本女性の間でもVIO脱毛に対する意識は高まっています。VIO脱毛を行うことによって、水着やおしゃれな下着が着こなせるといったメリットの他にも、生理中のムレや臭いを軽減し、デリケートゾーンを清潔に保つことに効果があります。「VIO脱毛にチャレンジするのには勇気がいる」と感じる方もいますが、脱毛を行う際は紙ショーツを履き、ずらしながら施術を行うことがほとんどです。VIOは脱毛パーツの中でも小さなパーツです。脱毛にかかる時間も短いのであっという間に終了します。気になる脱毛中の痛みですが、肌の色素が濃くデリケートなVIOは、他部位に比べると痛みは強めです。脱毛中の痛みがひどい場合は、部位を冷やしながら施術を行ってくれたり、楽しい会話をしながら施術を行ってくれたりと、痛みを軽減するために工夫を行っている親切なサロンが多いです。脱毛後はおしゃれの幅も広がり、生理中の不快感も軽減するため、爽快な毎日を送ることができるでしょう。

実は見られてる背中や指の毛

実は見られてる背中や指の毛

オフショルダートップスや背中空きトップスを可愛く着こなすためには、ムダ毛のないきれいな背中であることが大前提ですが、背中は自己処理が難しい箇所です。背中は手が届きにくく、鏡を見ながら自己処理を行っても、実はきれいに処理しきれていないこともあります。カミソリとはいえ、直視できない個所に刃物を当てることに抵抗を感じるという方も少なくないでしょう。切り傷などのケガに繋がることもあるため、きれいに処理したいならプロの手に任せるのが安心です。サロン脱毛なら、背中に専用の機械を当てるだけでスピーディに脱毛が完了します。他の部位と比べ、ケアを行う範囲が広い背中も、ムダ毛を残すことなくケアすることができます。背中と並び、周囲の人にちらっと横目でチェックされやすい部位が指です。ネイルサロンで施術中に、自分の指を見てどきっとした経験があるという方は多いようです。しかし、指のような細かいパーツは、意外と自己処理に時間がかかります。自己処理を行ってもすぐにムダ毛が目立ちやすくなってしまうパーツでもあるので、処理に困っている方も多いのが特徴です。脱毛サロンでは、指のような細かい部分であっても丁寧にケアを行ってくれるため、煩わしい指毛の自己処理を行う頻度が少なくなります。脱毛サロンでケアを行い、指のムダ毛がなくなれば、いつでも美しい手元で毎日を過ごすことができます。基本のパーツも細かいパーツも、女性としてケアを怠りたくない所です。自分に合った部位の脱毛を選択して、賢く美肌を手に入れましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。