そのオイリー肌、実は乾燥肌かも!隠れ乾燥肌の特徴

そのオイリー肌、実は乾燥肌かも!隠れ乾燥肌の特徴

乾燥肌には種類がある!特に見分けにくいのは隠れ乾燥肌

お肌の適切なケアのためには自分の肌タイプを見分けてその特徴に沿ったアイテムを使ったり、ケア方法を採用したりすることが欠かせません。でも、見分けにくいお肌タイプがあるのをご存知でしょうか。今回注目したいのが隠れ乾燥肌です。隠れ乾燥肌とはぱっと見は脂性肌なのに、実際には乾燥肌だったというケースです。肌の水分量が少ない状態を乾燥肌、脂分が多い肌を脂性肌と分類しますが、乾燥しているのに脂分が多い状態がこの隠れ乾燥肌にあたります。顔が脂っぽくてテカテカしているので脂性肌に感じますが、肌の内部では乾燥が進んでおり乾燥対策が緊急に必要な状態です。隠れ乾燥肌の特徴を知り、早く対策を取ることでお肌のコンディションを整えることが可能になります。

他の肌質とどう違う?インナードライの特徴

最近とても増えているのがインナードライと言われる肌タイプの人です。インナードライ肌とは乾燥性脂性肌とも呼ばれ、肌の表面は皮脂でテカテカしているのに肌の水分量は少なく肌の内側が乾いている状態のことです。肌の水分量が減って乾燥が進むと、肌の中ではこれ以上の水分蒸発を防ごうとして大量の皮脂を分泌し、お肌の表面を分厚い油膜で覆おうとします。その結果、お肌の表面はテカテカしていて脂っぽく感じられます。時にはTゾーンなど皮脂を分泌しやすい部分だけは脂っぽいのにその他の部分はかさかさしているなど混合肌のような状態も見られます。

インナードライの原因とは

お肌がインナードライになってしまう原因の半分ほどは乾燥だと言われています。エアコンを効かせた機密性の高い室内で過ごすことや、不規則な生活、ストレスや間違ったスキンケアなどもお肌の乾燥の原因となります。特に顔の表面のテカテカを見て自分は脂性肌なのだと勘違いした人が皮脂対策をした結果としてインナードライがさらに進んでしまうというケースも見られています。洗顔回数を増やしたり顔を念入りに洗ったりすることでお肌の乾燥が悪化します。また、あぶらとり紙などを使って皮脂を拭き取ることも摩擦によってお肌を傷めることにつながります。合成界面活性材入りの強い洗顔料も角質の保水機能を下げてしまうのでおすすめできません。ぬるま湯で優しい洗顔料を用いて洗顔することや、化粧水をたっぷりつけてすぐに美容液で保護膜を貼るのが最善です。このようにお肌の保湿を続けてあげる事で、内側の乾燥も皮脂の過剰分泌も抑える事ができるでしょう。

すぐできる肌質チェックで自分の肌を診断

自分のお肌の状態を確かめるためには自宅で簡単にできる肌質チェックがおすすめです。大まかなステップは洗顔後に何もつけずに放置しその後の肌の様子を観察するというものです。時間帯は朝が最適です。まず、いつも通りに洗顔し、タオルで優しく顔を抑えるように水分を拭き取ります。その後何もお手入れせずに放置しましょう。放置時間は、夏場は10分、冬場は5分程度を目安にします。時間が過ぎたらお肌の状態を確認しましょう。お肌全体がつっぱった感じで頬や目元がカサカサしているなら乾燥肌です。お肌全体につっぱった感じがなくしっとりとしているものの、顔全体やTゾーンなどに脂っぽさを感じる場合は乾燥性脂性肌でインナードライが進んでいると考えられます。お肌の表面はテカテカしているのに内部はカラカラに乾いているインナードライは見分けにくいですが、こうしたチェックである程度見極めることが可能です。皮脂対策ではなく乾燥対策を徹底的に行って早くお肌のバランスを整えてあげましょう。肌タイプにマッチしたスキンケアで美肌を目指したいですね。