こんなところが不安!ネックに感じる永久脱毛の副作用やトラブル

脱毛

あなたはどのような方法でムダ毛を処理していますか?カミソリやシェーバーで自己処理をしている人も多いと思いますが、手間を考えるとやはり永久脱毛が魅力的ですよね!ですがその一方で副作用やトラブルが気になる方も多いはず。そこで今回は「あなたがネックに感じる永久脱毛の副作用やトラブル」をアンケートしました。

1
【質問】
あなたがネックに感じる永久脱毛の副作用やトラブルは次の内どれですか?

【回答数】
施術中の痛み:31
火傷:12
色素沈着:23
発汗量の増加:17
医療ミス:17

一番ネックに感じている人が多いのは施術中の痛み!

アンケートの結果、一番多かったのが「施術中の痛みをネックに感じる」という回答でした。

・実際に脱毛したときに、痛みが思ってたよりも強かったからです。(20代/女性/パートアルバイト)

・脱毛する際に痛みがあったり、後から炎症や湿疹ができないか心配になります。(20代/女性/専業主婦)

・やったことある友達の中には痛い思いをしたということは聞いたことがあるから(20代/女性/学生)

・永久脱毛にはずっと前から興味がありますが、「レーザー脱毛」と聞くと怖すぎて気が引けてしまいます。現にネットで「永久脱毛(特にiライン)はものすごく痛い」と目にしたので、余計に…。(20代/女性/専業主婦)

アンケート回答の中で最も多かったのが「施術中の痛み」でした。経験者、未経験者それぞれから多くの回答が集まりました。実際に自分が脱毛を経験して痛かったという体験談が非常に多かったです。また未経験者の方も脱毛=痛いというイメージを持っているよう。脱毛経験者の体験談を見て恐怖心を抱いてしまったという意見もありました。

二番目に多かった回答は色素沈着!

アンケートの結果、二番目に多かったのが「色素沈着」という回答でした。

・永久脱毛のせいで一生傷ができたら嫌だからです。自分は肌が白い方なので、それが損なわれるのが怖いです。(20代/女性/学生)

・傷が残りやすい体質なので、一度ついた色素沈着や傷跡のためにさらに治療が必要になるから。(20代/女性/無職)

永久脱毛が原因でシミや傷ができ、結果的に色素沈着として残ってしまうのを恐れている人も多いようです。特に元々肌が白い人、弱い人からの不安の声が多く集まりました。色素沈着は一生残す恐れがあり、治す場合にはさらなる施術や治療が必要という声もありました。

三番目に多かったのが医療ミスと発汗量の増加

アンケートの結果、三番目に多かったのは同票で「医療ミス」と「発汗量の増加」でした。

・健康な状態の身体に対して医療行為を施すことにそもそも抵抗を感じます。さらに医療行為も人が行うことですので、絶対に安全だとは言いきれないためです。(20代/女性/学生)

・施術の際に何かトラブルがあった場合、その時に出来た傷や跡がずっと肌に残るような気がして怖い。(20代/女性/無職)

・ワキの脱毛施術をしてから、毛がなくなるにつれてどんどん発汗量は増しました。(20代/女性/専業主婦)

医療ミスを選んだ人の回答を見ていくと「永久脱毛は人が行うことなので絶対に安全とは言い切れない」という意見が目立ちました。もし何かトラブルがあった場合、傷が消えない可能性もあるので怖いという意見も。また発汗量の増加という回答については、自分が脱毛後に汗の量が増えたという実体験から答えているケースが多かったです。

永久脱毛と聞いて火傷を心配してしまう人も!

アンケートの結果、四番目に多かった回答は「火傷」でした。

・永久脱毛というとレーザーを使うイメージですので後々火傷傷が出来てしまうんではないかなと思います。(20代/女性/会社員)

・永久脱毛後の肌のトラブルや火傷が一番多く聞くので、心配です。(20代/女性/契約派遣社員)

・友人が施術した話を聞いただけなのですが、火傷の後が残ってしまっていたようです。受ける所にもよると思いますが、その点がネックかなと私は感じました。(20代/女性/専業主婦)

光脱毛やレーザー脱毛という言葉を聞いて、何となくではありながらも火傷のリスクを考えてしまう人が多いようです。メディアなどを通して脱毛後に火傷トラブルが多いという話をよく聞くという回答も多数!また実際に施術を受けた知人に火傷の後が残ってしまったというリアルな回答もありました。

施術中の痛みや肌トラブルを心配する声が多数!

アンケートの結果、一番多かった回答が施術中の痛みでした。そして色素沈着、医療ミスと続いていきます。2位以下の回答は全て施術後の肌トラブルに関わってくる項目でした。万が一のことがあった場合、一生傷や色素沈着が残るのは怖いという気持ちは皆さん共通のもののようです。デリケートな肌に関する問題なので慎重になるのは当然だと思いました。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】0 – 20 20 – 29
  • 調査期間:2016年04月05日~2016年04月19日
  • 有効回答数:100サンプル