10代~20代女性が勧める、乾燥肌を治す効果的な方法とは!?

美容

加齢にともなって体のいろいろな場所にトラブルが起きてきますが、「乾燥肌」もその1つです。お肌が乾燥する原因として室内の乾燥が挙げられますが、食生活やスキンケアなども関係しているかもしれません。そのため、生活習慣や生活環境を見直すことが必要になるのではないでしょうか。また、乾燥肌を治す効果的な方法についても知っておきたいですね。そこで、乾燥肌を改善するにはどんな方法がいいのかについて、全国にいる10代~20代の女性100人を対象にアンケートを取ってみました。

10

【質問】
乾燥肌を治すのに次のどの方法が効果的だと思いますか?

【回答数】
加湿器を置く:31
保湿効果の高い美容アイテムを使う:45
保湿に効く食材を摂る:24

5割近くの女性は、保湿効果の高い美容アイテムを推奨!

アンケートの結果、「保湿効果の高い美容アイテム」と答えた女性が最も多いことが分かりました。

・まずは肌に直接保湿成分を届ける方が必要だと思います。私の場合化粧水や乳液を利用します(20代/女性/パートアルバイト)

・化粧水とクリームの基本的なお手入れで乾燥を防いでいます。朝の肌コンディションでお手入れが決まるから。(20代/女性/学生)

・乾燥肌は危険なのですぐに高いアイテムを買ってきます!心配なので。(10代/女性/学生)

・肌に直接塗るものなので、さすがに効果があると思う。ベタつくくらいが良さそう(20代/女性/パートアルバイト)

45人の女性が、美容アイテムでのスキンケアを考えているようです。化粧水や乳液などのスキンケア化粧品はお肌に直接付けるため、保湿の働きが期待できますよね。お肌に付ける量も気になりますが、保湿のためにはベタつくくらいのほうが良いとの意見も挙げられています。また、お肌のコンディションの判断については、朝起きたときのお肌の状態が目安になるのかもしれませんね。お肌の乾燥を察知すると高いアイテムで対応する10代女性もいるようです。このような回答からは、スキンケアは若いうちから行うことが重要だとうかがえました。

加湿器で対応する人や食材を意識する人も!

アンケートの結果、「加湿器を置く」に次いで「保湿に効く食材を摂る」の順となりました。

・1番効果があるのは濡れたタオルをかけたりすることだと思うけど加湿器でも十分に加湿できると思うからです。(20代/女性/学生)

・夏の間は湿度が高いせいか肌が乾燥することも少ないし、やはり加湿器で湿度をあげるのが一番かなと思います。加湿器がないときはケトルでお湯を沸かして部屋に置くこともしています。(20代/女性/パートアルバイト)

・高いお金をかけたり表面だけをケアしても一時的な効果だと思うので、内面からケアできている方が効果があるのではないかと思います。(20代/女性/パートアルバイト)

・やはり身体の内面から、体質を変えていくというのが一番なのでは(10代/女性/学生)

31人の女性は、乾燥肌対策として加湿器を挙げているようです。室内の湿度を適度に保つには理想的ですよね。また、濡れたタオルやお湯を沸かすときの蒸気など、加湿器以外の方法を紹介するコメントもうかがえます。一方、食材による乾燥肌改善が理想的とする女性は24人。時間を掛けて体の内側からケアすることが大切という考え方が多いようです。普段の食生活を見直す方法は、お金を掛けないで実行できることも大きな魅力かもしれませんね。

日頃からの地道な積み重ねが健康なお肌づくりに!?

乾燥肌対策には、スキンケア化粧品などの美容アイテムを推奨する人が最も多いことが分かりました。やはり、お肌に直接潤いを与えることがポイントのようです。実際、乾燥肌予防に役立っている人もいますね。また、室内の乾燥を防ぐ方法もお手軽ですが、タオルやケトルなど身近なものを使うと経済的かもしれません。さらに、体内に摂りいれる食材を工夫することで、乾燥しにくいお肌づくりに結び付くようです。なお、アンケートの回答からは、10代の若いうちから乾燥肌対策を心掛けている女性がいることもうかがえますよね。このような意見もあり、やはり、日頃からの地道な積み重ねが健康なお肌をつくるのではないでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】0 – 20 20 – 29
  • 調査期間:2016年02月16日~2016年03月01日
  • 有効回答数:100サンプル