美肌への道!美容効果の高いピーリングの正しい方法と選び方

美肌への道!美容効果の高いピーリングの正しい方法と選び方

最近では基本のスキンケアに加えて、ピーリングを取り入れている女性も多くなっていますね。ピーリングは効果的に使えばお肌をキレイにしてくれますが、間違った使い方をすると思わぬ肌トラブルを招くこともあります。正しい知識で使うことが大切です。

ちょっと待って!間違ったピーリングは肌トラブルの原因に!

ピーリングは普段の洗顔で落としきれない、肌表面の古い角質を取り除く作用があります。年齢を重ねるうちに角質は厚くなっていき、放っておくとゴワゴワとした手触りになってしまうだけでなく、肌の代謝を阻害したり基礎化粧品の浸透を邪魔したりしてしまいます。ピーリングをすることで正常な肌周期になり、毛穴の汚れがキレイになったりシワの予防やくすみ改善になったりと女性には嬉しい効果がたくさん得られます。

しかし、ピーリングは肌への刺激が大きいスキンケアでもあります。そのため間違った使い方をしたり、肌に合わないものを選んだりすると、逆効果になってしまうのです。ニキビや肌荒れの原因になるだけでなく、健康な肌を乾燥肌にしてしまう可能性もあります。そのため、しっかりと使用方法を守りながら慎重に使っていくのが大切です。

擦ってない?ピーリングの正しい選び方と方法

42_2美肌への道!美容効果の高いピーリングの正しい方法と選び方

ピーリングには様々なタイプがあります。一般的に多く広まっているのはジェルタイプで、肌に広げて角質を擦り落とします。その他、石けんタイプや拭き取りがたの化粧水タイプ、スクラブ洗顔料タイプなどもあります。
ここでポイントなのが、一番使っている人が多いであろう「擦るタイプ」はなるべく避けた方が良いというところです。擦るタイプは繰り返して使用することで肌へ負担になります。定期的な使用で肌のバリア機能を低下させたり色素沈着をおこしたりする可能性があるので、特に敏感肌や乾燥肌の人は避けるのが無難です。使用法として、擦らずに塗って数分放置した後洗い流すタイプがおすすめです。また、敏感肌用という製品もありますので、初めての使用ではそういったものを選ぶとより安心かもしれません。

使用頻度は製品によってそれぞれ違いますが、基本的に毎日使うのは止めましょう。毎日使うことで、古い角質だけでなく新しく瑞々しい肌まで剥がしてしまう恐れがあるからです。1週間ほどのスパンを置くと同時に、肌の状態を見て臨機応変に使うことが大切です。寝不足が続いている時や、肌荒れをおこしている時は使用を控えるようにしてください。

そして、ピーリング後は必ず保湿することが重要です。角質を落とすことで、肌はいつもよりも無防備な状態になっています。そこで、入念に保湿を行わないと水分バランスを崩してしまい、どんどん乾燥してしまいます。そのため、ピーリングをした日には普段よりもより丁寧な保湿を心がけてください。

美容効果が高い、身近な食べ物で自家製ピーリング

42_3美肌への道!美容効果の高いピーリングの正しい方法と選び方

実は、ピーリングは家庭にある身近な食品を利用することもできます。肌に優しく、余計な刺激物が入らないため、安心して使用できるのが魅力です。

キュウリ×小麦粉
キュウリと小麦粉があれば、すぐに出来る低コストの方法です。
まず、キュウリ半分をすりおろし、そこに小麦粉を適量混ぜます。肌にのせても落ちていかない位の硬さになったら、そのまま顔にのせます。5分放置してぬるま湯で落としましょう。落とす際に優しく擦るようにすると、より効果的です。

黒糖×バター
保湿効果のある黒糖を使うことで、ピーリング後も程良いしっとり感があります。
バターを耐熱容器に入れてレンジで30秒程加熱します。そこに黒糖を大さじ2程加えてかき混ぜます。バターが冷めて肌にのせられる温度になったら顔に塗っていきます。数分放置した後、ぬるま湯で落としましょう。

食品のピーリングは低刺激とはいえ、肌との相性がありますので、顔に塗る前に手にのせて試してから行ってください。