美容雑貨にいくらまでならポンとお金を出せる?

11

キレイを作るきっかけが満載の美容系の雑貨は、安価なものから高額なものまでピンキリでありますよね。種類が豊富すぎて選ぶのに困った経験をしたこともあるかもしれません。値段が高い方が効果が高い気もしますし、安いからといってバカにできないアイテムもあります。でも、本当はどちらの方が結果的にお得なのでしょうか。そこで、美容雑貨にはいくらまでならためらいなくお金を出せるかをアンケートを取って調査しました!

11
【質問】
美容系の雑貨、ためらわず出せる金額はいくらくらい?

【回答数】
1000円まで:70
5000円まで:30

美容雑貨以外の使い道でキレイになりたい女性は多い

7割の女性が1000円までの美容グッズならためらわずに購入すると回答しました。

・自分の肌に合わなかった時の損失を考えると、あまり高額な商品には手が出せない。(20代/女性/無職)

・1000円までならためらわずに購入してしまいますが、5000円になると効果は金額の割に合うのかなどを考えてから購入します。(20代/女性/無職)

・本当に効果があるのかわからないので、1000円だったら効果がなくても話のネタになればいいかなと思います。(20代/女性/パートアルバイト)

・本当に効果があるか疑わしいものもたくさんあるので、美容系の雑貨にはあまりお金をかけたくないです。(20代/女性/会社員)

・買っても使わないこともあるので。雑貨よりスキンケアにお金をかけたいので。(20代/女性/専業主婦)

美容雑貨には人によって合うものと合わないものが分かれており、合わなかった場合に許せる金額として1000円は妥当な金額のようです。美容雑貨は種類が豊富にある分効果が薄い商品もあるという指摘から、美容系の雑貨よりもスキンケアなど他の分野の美容用品に投資したいと考える女性も少なからずいることがうかがえます。

何度でも使える雑貨は長持ちするものを選ぼう

一方、5000円までなら躊躇なくお金を出せるという意見も見てみましょう。

・綺麗になるためにはそれだけお金を負担する必要があるとおもうから。(20代/女性/学生)

・安い金額のものは当たり外れが多い。 けれど自分が経験してきた中で5千円ほどの物は質が良くて長く使えるものが多かった。(20代/女性/専業主婦)

・同じような製品なら高くても丈夫で長持ちするものを使いたいからです(20代/女性/無職)

美容のためにはある程度お金を出せると回答した女性は、金額が上がればそれだけ美容雑貨の品質も高くなると考えていることがわかります。キレイになるための投資として、5000円は妥当とする女性は多くいるようです。高価なアイテムの方が長持ちするという意見もあり、長い目で見た時のコストパフォーマンスは1000円よりも5000円の商品の方が高いのかもしれません。

美容アイテムが自分に合うかどうかを試す労力を惜しまないこと

1000円が限界と回答した女性も、5000円まで美容に投資できると考えている女性も、なるべく費用を抑えつつしっかりとキレイになりたいという気持ちは同じことでしょう。まずは試しに1000円くらいの商品を購入し、気に入ったら同じ系列のハイグレードのアイテムを買うのが賢い方法なのかもしれません。お試し商品などがあれば積極的にトライしてみて、自分に合うものかどうか見極める努力を惜しまなければ、きっと失敗のない買い物ができることでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年04月27日~2016年05月11日
  • 有効回答数:100サンプル