美容のためにプロテイン!?その効果と最適な飲み方とは

美容のためにプロテイン!?その効果と最適な飲み方とは

「プロテイン」と聞くと、筋肉ムキムキの男性やスポーツ選手が摂取しているイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。アミノ酸やミネラルなど筋肉の発達に欠かせない栄養素を多く含むため運動をする人には重宝されるアイテムですが、それだけではなく実はお肌や髪など美容面にも嬉しい影響を与えてくれるものなのです。プロテインがもたらす美容効果とは一体何なのでしょうか。

プロテインで体内から美容にアプローチ!

「プロテイン」とは英語でずばりたんぱく質のことです。筋肉を大きくするためにはたんぱく質が欠かせないということはご存じの方も多いかと思いますが、実は皮膚や髪、爪、そして臓器もたんぱく質によって構成されており、たんぱく質の不足は体内のあちこちにダメージをもたらしてしまいます。肌に潤いが足りない!と思って化粧水や乳液でお肌の外から潤いを補給するのも大事ですが、それはあくまで対症療法的な処置であり根本的な解決にはなりません。しっかりと内側から必要な栄養素を与えてあげることで肌の健康が保たれ、トラブルの少ない美肌を目指せます。また“筋肉をつける”というプロテインの主目的も実は美肌を目指すにあたっては大事なポイントです。筋肉が増えると基礎代謝が上がって新陳代謝が活発になり、肌の生まれ変わり(=ターンオーバー)を促してくれるためです。肌のターンオーバーの機能が衰えるとくすみやシミ、シワといった厄介な肌トラブルにつながりかねませんから、たんぱく質を摂ってその機能をサポートしてあげることが大切です。またダイエットのためにも基礎代謝を上げることは重要ですから、プロテインが美容にも役立つアイテムだということは間違いなさそうですね。

美容のためにはどんなプロテインがおすすめ?

ひと口に「プロテイン」といっても様々な種類があり、選ぶのに迷ってしまいます。原料によって大きく分けて動物性と植物性の2つがあり、それぞれ特徴や効果が違います。動物性には牛乳由来の「ホエイ」「ガゼイン」、卵を原料とする「エッグ」などがあります。同じ牛乳由来でもホエイは消化吸収が早いのに対し、カゼインはそのスピードが遅く体内に長く留まるため疲労回復に役立つと言われています。プロテイン愛用者の中には筋肉を大きくしたいときにはホエイ、お休みの時にはカゼイン、と分けて使用している人もいます。エッグは吸収が早く低脂肪なので高い効果が期待できますが非常に高価であるため日本ではあまり流通していません。そして植物性には大豆由来の「ソイ」があり、美容目的に飲むには動物性よりもこちらが推奨されます。それは大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてくれ、ホルモンバランスを整えるのに役立つためと言われています。また大豆はコレステロールや中性脂肪にも働きかけてくれるのでダイエットをしている人にもありがたい効果が期待できます。

美容に効果のある飲み方、一緒に摂るべきものとは?

プロテインは食事で補いきれない分をサポートしてくれる「栄養補助食品」ですから、そればかりを飲んでいればいいというものではありません。普段の食事もしっかりと摂り、その上で足りない分をサポートしてもらうという意識を持っておくべきでしょう。美容目的でプロテインを活用するなら、ビタミンも積極的に摂取することをオススメします。例えばビタミンCとプロテインを一緒に摂ると美肌に欠かせないコラーゲンを生成してくれますし、ビタミンB6ならアミノ酸の生成・分解を促してくれます。美肌を意識した食事を心がけることで相乗効果が期待できますね。また、プロテインは飲み方やそのタイミングによっても働き方が違います。筋肉をつけたいという人は運動した直後に飲むことで効果を発揮してくれますが、美容目的なら就寝前が最も効果を発揮してくれるでしょう。肌のターンオーバーが行われるのは22時~2時の深夜帯であり、その時間は“肌のゴールデンタイム”と呼ばれることもあるほどです。その前にしっかりたんぱく質を摂っておくことで正常な新陳代謝に役立つことでしょう。