美容におすすめな食材!どんどん食べて綺麗になろう

美容におすすめな食材!どんどん食べて綺麗になろう

乾燥肌におすすめ!ビタミンB・Eが豊富なナッツ類

洗顔後に肌がつっぱる、肌がピリピリして赤みを帯びているなどの症状がある人は乾燥肌予備軍かもしれません!乾燥肌の人は健康な人の肌に比べて、角質層の水分量が30%以上も少ないと言われています。乾燥をそのまま放置しておくと肌の老化を早めることになります。外側からの正しいスキンケアはもちろん、体の内側からも潤いを与えてくれる食材を摂取しましょう。乾燥肌に特に効果的なのがビタミンB群やEを豊富に含むナッツ類です。アーモンドやクルミ、ピーナッツなどのナッツには良質な植物性の油が含まれていて、適度に潤いを与えてくれます。ビタミンEは血行を促進して新陳代謝を高めてくれる働きがあり、その抗酸化力にも注目したいところです。正常な肌では古い角質層がはがれ落ちて新しいものと入れ替わるターンオーバーが活発ですが、乾燥肌ではうまく行われずに肌トラブルの原因となります。そこでビタミンB2やビタミンB6などのビタミンB群を積極的に摂ることでターンオーバーを正常にすることができます。

大豆製品はスキンケアにも便秘改善にも効果的

女性にとって肌荒れと便秘はいくつになっても悩みの種ですね・・。大豆製品はそんな悩みを解消してくれる救世主です。美肌に関係のある女性ホルモンは「エストロゲン」と呼ばれており、このホルモンの働きによって女性は肌の調子が日々変化します。「大豆イソフラボン」という言葉を聞いたことがあると思いますが、このイソフラボンはエストロゲンと非常に似た働きをするため、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品を食べることで肌にハリが出て健康的な美肌を作ることができます。また大豆は不溶性の食物繊維が豊富なので、胃や腸で水分を吸収して膨れ、便通を促す効果があります。さらに「大豆オリゴ糖」は腸内で善玉菌を育て、腸内環境を整える働きがあるので、便秘気味の人は毎日大豆製品を摂ることで便秘の改善に期待できます。ただし大豆イソフラボンは一度に大量に摂取すると体に負担をかけてしまうので、厚生労働省推奨の1日70〜75mgを目安に摂るようにしましょう。

肌のシミにはサケとイクラが効く

シミやシワの原因となる活性酸素。人の体は日々ストレスや不規則な食事の影響で活性酸素を出すことにより、細胞がダメージを受けて老化を促進してしまいます。実はサケやイクラに含まれる「アスタキサンチン」という成分が、活性酸素を除去してシミやシワの予防改善に効果があることが分かっています。アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンCの6000倍もあると言われており、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があります。すでにできたシミは薄くなり、新たにシミができにくく肌を白くしてくれるという、女性には大変うれしい美容成分です。またサケの皮と身の間には豊富なコラーゲンが含まれているので、皮ごと食べるとさらに美肌の効果が期待できます。イクラには他にも若返りのビタミンとも言われるビタミンEやEPA・DHAなどが豊富に含まれています。特に生のお刺身やお寿司では栄養を損なうことなくいただけますよ。

おやつはヘルシーな寒天がおすすめ

ダイエットはしたいけど間食はやめられない!という人におすすめしたいのが「寒天」を使ったおやつです。寒天はテングサやオゴノリなどの海藻から作られる植物性の食材で、棒寒天・粉寒天・糸寒天などの種類があります。よくゼリーなどに使われているゼラチンは動物の骨や皮から抽出された成分なので寒天とは全く別物です。寒天の主な成分は食物繊維で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいるのが最大の特徴と言えます。水溶性食物繊維は糖質の吸収を穏やかにする効果があり、不溶性食物繊維は水分を吸収して膨れるので、少量で満腹感を感じることができます。どうしても甘いものが欲しくなるという人は、寒天を使ったゼリーやプリンなどを食べることで満足感を得て、おまけにダイエット効果も・・。さらに食物繊維の効果で便秘解消も期待できますよ!美容のためには外からのケアも大事ですが、内側からキレイになる食材を摂ることでますますその効果がアップします。食事は毎日のことなので、せっかくなら美味しく美容に効果のあるものを食べたいですね。