理想的な体脂肪率を目指そう!美容にとって適切な体脂肪率とは

理想的な体脂肪率を目指そう!美容にとって適切な体脂肪率とは

体脂肪率は美容の敵だと思っていませんか?確かに体脂肪率が高すぎると肥満になり、それは美容だけでなく健康にも害を与えてしまうことになるでしょう。しかし美容にとっては体脂肪率が低すぎることも良くないことなのです。女性にとって体脂肪はなくてはならないものでもあるので、美容のために体脂肪をすべてそぎ落としてしまうのではなく、どうすれば体脂肪とうまく付き合っていけるのかということをまずは考えるようにしましょう。

高すぎる体脂肪は健康被害をもたらす

体脂肪率が高くなりすぎると、まず気にしなければならないのが体形の変化です。特に脂肪がつきやすいのがお腹周りや腕周りですが、体脂肪率が高くなるとまずはそうした部位が太くなって見た目にあまり良くありません。また体脂肪率が上昇するということは生活が乱れているという証でもあります。運動不足や暴飲暴食などの自己管理の怠りは体形の変化だけでなく肌荒れなどのさまざまな美容被害をもたらすことになるでしょう。そして何より高すぎる体脂肪は健康にとって良くありません。体脂肪率が高すぎるということは、場合によっては肥満ということにもなりかねません。そして肥満は高血圧や高脂血症などのさまざまな病気をもたらすものでもあります。ダイエットなどを通じて、美容と健康のために体脂肪が高くなり過ぎないように気を付けましょう。

低すぎてもいけない体脂肪率

一般的に、女性にとっての理想的な体脂肪率はおよそ22パーセント前後だと言われています。だいたい22パーセントの体脂肪率を保っておければ、美容的にも健康的にも問題なく生活を送ることができるでしょう。しかし中には、過度のダイエットをして体脂肪率を落とし過ぎてしまうという人がいます。確かに体脂肪は高すぎると良くありませんが、必ずしも低いことが美容や健康にとって良いというわけでもありません。20パーセントに満たないくらいならまだ問題ないかもしれませんが、体脂肪率が15パーセント以下になると健康的な暮らしができなくなる恐れがあります。そこまでいくと女性ホルモンの分泌に支障が出てしまうことがあり、場合によっては生理が止まってしまうなどの健康被害をもたらすこともあります。女性ホルモンのバランスが悪くなると、肌荒れなどの美容被害も発生しやすくなるので、自分の適正な体脂肪率を見つけることが美容と健康にとって何より不可欠なことであるということを肝に銘じておきましょう。

自分の身体の特性を知って理想の身体を手に入れよう

女性の身体には体脂肪が欠かせません。男性よりも体脂肪がより多くついているのは、それだけ女性の身体に脂肪が必要であるという証拠なのです。ダイエットによって体脂肪率を減らしたいと考えている女性はとても多くいますが、美容にとって大切なのは自分にとってどのような体形が理想なのかということを知ることです。女性にとっての理想的な体脂肪率は22パーセント前後だと言いましたが、それはあくまでも目安に過ぎません。必ずしも22パーセントが適性の体脂肪率かといえばそうではなく、それは人それぞれ固有の体形に左右されるものなのです。たとえば身長が高い人は体脂肪率も少し高めであった方がより身体が美しく見えることもあるでしょうし、逆に身長が低ければ理想とされる体脂肪率よりも低めの数値の方がより引き締まった印象を与えることもあります。このように、体脂肪率は人それぞれに合った数値というものがあるものなのです。そのため、美しい体形やスリムに見える身体を手に入れたいのであれば、まずは自分の特性や身体の特徴を知るということが大切になります。そうすることによって、自分が考える理想の身体により近づくことができるはずです。