日々の生活で美と健康を手に入れる!?明日から実践したい3つのこと

24_1日々の生活で美と健康を手に入れる!?明日から実践したい3つのこと

痩せたい!そう思ってダイエットに取り組んでも、気が付いたら三日坊主…そんな経験のある人は少なくないのでは?忙しい現代人にとっては運動する時間をしっかり確保するのは難しく、なかなか長続きさせることは難しいですよね。しかし、ちょっとした工夫でいつもの日常に美容習慣や健康習慣を取り入れられるのなら、継続的に取り組めそうだとは思いませんか?今回はそんな、いつもの生活にプラスアルファで実践できる3つのアイディアをご紹介します。

一駅分、歩いてみよう!

ウォーキングが身体に良いことは知っているけど、そんな時間取れないよ!という人は、朝少し早く家を出て一駅分歩いてみてはいかがでしょうか。地域や路線によって差がありますが、都心部ならば一駅およそ1.5km~2kmほど、大体20~30分の道のりです。ウォーキングには次のような効果が期待されます。
・脂肪燃焼:適度な運動は基礎代謝を向上させ、脂肪の燃えやすい身体へと徐々に導いてくれます。ジョギングやランニングほどの劇的なダイエット効果はあまり期待できませんが、肥満防止には十分に役立ちます。また肥満や運動不足を原因として引き起こされがちな様々な生活習慣病の予防にも繋がります。
・ストレス発散:適度な運動は心のリフレッシュにも役立ちます。それは単に「気分転換になる」という理由からだけでなく、血液循環が良くなることによって身体のバランスを整える自律神経の作用を調整してくれるためと言われています。
・肌荒れ:運動によって血行が良くなることで、新陳代謝が活性化され肌にも嬉しい効果が期待できます。新陳代謝が正常に行われれば肌のターンオーバーがしっかりとコントロールされ、古い角質や余分な皮脂がしっかりと排出されるので美肌へと繋がるのです。

お風呂でカンタン健康法

24_2日々の生活で美と健康を手に入れる!?明日から実践したい3つのこと

一日の疲れを癒すバスタイム、夏場の暑い時期や急いでいる時にはシャワーでさっと済ませてしまう人も多いかもしれません。しかし湯船にちゃんと入ると、お湯の浮力によって筋肉の力が抜け、突っ張った状態の筋肉をほぐし緊張を和らげてくれます。また温まることで血管が拡張し血液循環が良くなり身体に必要な栄養素が隅々にまで渡るようになるため、湯船にきちんと浸かることは疲労回復へと繋がるのです。また血行が改善されると寝つきが良くなり睡眠の質が上がります。このことも疲労回復を実感できるポイントかもしれませんね。他にも新陳代謝の活性化による美肌効果など、湯船でしっかり身体を温めることは健康面だけでなく美容面にも嬉しい効果があるのです。
しかし、多くのメリットがある一方、気をつけないと危険な状態を引き起こしてしまう入浴方法もあります。まず気をつけるべきポイントとしてはお湯の温度です。あまり高温すぎると血圧の上昇や脱水が引き起こされてしまうため、身体への負担が大きくリラックスできなくなってしまいますし、お湯と室温の差がありすぎることによって急激な温度変化に身体がビックリしてしまうこともあるかもしれなせん。また気持ちいいからといって長風呂しすぎると体内の水分がなくなり、血液がドロドロになってしまいます。美容や健康のため湯船に浸かる際には、正しい方法で入りましょう。

一杯の白湯で、芯から温まる

24_3日々の生活で美と健康を手に入れる!?明日から実践したい3つのこと

また、身体を温めるという点では朝に一杯の白湯を飲むこともオススメです。白湯はお湯を温めるだけで簡単に作ることができ、特別な道具を必要としないので手軽に取り組める美容健康法の1つです。白湯には余計な物質が含まれておらず、胃に優しく内部から身体を温めてくれます。胃腸内を優しく刺激し不要な老廃物を出してくれるためデトックス効果が高く、また体内が温まることで血行改善にも役立ちます。全身の血の巡りが良くなるので冷え性や低体温に効果があり、更に体温が上がることで基礎代謝の向上も望め、嬉しいこと尽くしです。
白湯の作り方は非常に簡単で、一度ヤカンやポットで沸騰させたお湯を飲めるくらいの温度まで下げれば出来上がりです。忙しい人は電子レンジで温めるだけでも作れますし、生姜を入れたりはちみつを入れたりといったアレンジも可能なので自分流に楽しめるのも嬉しいポイントですね。
このように、気合を入れて時間をとらなくても、少しの工夫で取り入れられる美容法・健康法はいくつもあります。忙しい中にも合間を見つけ、少しずつ実践してみてはいかがでしょうか。