内側からキレイに!毎日取り入れたくなる、ハーブティーの美容効果

内側からキレイに!毎日取り入れたくなる、ハーブティーの美容効果

日本では、1970年代にハーブが広まりました。当時は料理や栽培の分野を中心に普及していたハーブですが、現在では美容や健康分野でも効果が注目されています。中でも、ハーブティーはハーブを気軽に取り入れられる方法として人気を集めています。今回は、ハーブティーの美容効果について、生活へのお手軽な取り入れ方と一緒に紹介したいと思います。

ハーブにはどんな力があるの?

40_2内側からキレイに!毎日取り入れたくなる、ハーブティーの美容効果

ハーブは、根や葉、花など、それぞれの部分が持つ有効成分を利用することで、健康や美容に役立てることができます。ハーブの持つ主な働きとしては、老化防止などの効果がある抗酸化作用や自律神経やホルモンのバランス、免疫力を健康に保つための機能、美容や健康に不可欠なビタミンやミネラルなどの栄養分を補給することなどが代表的です。その他にも、炎症や痛みを抑えるなど、医薬品に応用されるような作用もあります。ハーブの種類によって、風邪や老化などの「予防」や炎症や痛みへの「対処」などの健康効果に加え、より豊かな生活を送るための美容効果やリラックス効果もあり、取り入れ方を工夫することで、心身のトータルケアが可能になるところがハーブの魅力であるといえます。

ハーブティーの美容効果は?

ハーブを単独で使う「ハーブティー」は、ハーブをもっとも手軽に楽しめる方法としてとても人気があります。ハーブティーにして飲むことで、ハーブの持つ有効成分が吸収されやすいというメリットがあります。特に、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を取り入れたい時には効果的な方法です。
効果や作用は、ハーブによって様々なものがあるため一概には言えませんが、暖下作用による便秘の改善や、利尿作用によるむくみの解消、胃の働きを高めるなどの健胃作用をはじめ、ホルモンバランスを調整したり、女性特有の抗うつを改善したりする作用もあります。健康状態は、女性の美容に直結するものです。心身のバランスが健康に保たれることで、肌の調子やむくみなどの美容面にも効果として現れるようになります。まさに、「内側からキレイになる」ためには、ハーブはとても効果的な美容法の1つなのです。
ハーブティーの作り方は、ハーブの有効成分を熱湯で抽出する方法と、常温の水で時間をかけて抽出する水出しの方法があります。カフェなどでよく出されるハーブティーはホットである場合が多いのですが、水出しのハーブティーならではのメリットもあります。ハーブに含まれるカフェインやタンニンなどの成分は、熱湯で抽出されやすいという性質を持っているため、水出しにすることで抽出が抑えられるというメリットもあります。もちろん、期待したい効果に合わせて、数種類のハーブをブレンドしてハーブティーを作るのも、風味が増して飲みやすくなったり、相乗効果が期待できたりするのでオススメです!材料いらずで楽しめるのが、嬉しいポイントですね。

ハーブを楽しく取り入れる方法の見つけ方

40_3内側からキレイに!毎日取り入れたくなる、ハーブティーの美容効果

ハーブの取り入れ方は、ハーブティーの他にも様々な方法があります。例えば、ミツロウと混ぜ合わせて軟膏を作ったり、クレイと混ぜてフェイスパックを作ったりすることもできます。また、バスタイムにハーブを取り入れるハーバルバスなど、多様な楽しみ方ができるのも魅力です。ハーブ初心者は、まずは簡単できるハーブティーのティーバッグから試してみるのがオススメです。実際に試してみて、自分にあっていると感じたハーブが見つかったら、ハーブティー以外の楽しみ方も試してみると、幅が広がります。ハーブは、効果に加えて風味も様々ですから、自分の健康、美容の状態や改善したい症状に合わせて選び、お気に入りのハーブや楽しみ方を見つけてみるといいかもしれませんね!