乾燥肌を治すなら!生活習慣を見直してみよう

乾燥肌を治すなら!生活習慣を見直してみよう

女性の大敵乾燥肌!どんなにメイクをばっちり決めても、くちびるの皮が剥けていたのでは魅力は激減してしまいますよね。特に冬場は激しい乾燥に見舞われることも。顔やひざ、かかとがカッサカサになってしまう人も多いのではないでしょうか?治したい一心で保湿クリームでの改善を試みても、その場しのぎで根本的な解決にはなっていません乾燥肌を本当に治すには表面だけを潤す保湿クリームを使うのではなく、生活習慣を見直すところから始めることが重要なポイントなのです。生活習慣の乱れと聞いて心当たりのあるあなた!必見の乾燥肌対策をご紹介します。

睡眠不足は肌の乾燥につながる

15_2乾燥肌を治すなら!生活習慣を見直してみよう

不規則な生活の代表選手は睡眠不足や夜ふかしです。睡眠が不足すると次の日に体調が悪いだけではなく、実はお肌にもトラブルが起きてしまいます。人の体は寝ている間にホルモンを分泌して体調を整えています。短い睡眠時間だとホルモンの分泌が少なくなってしまい、お肌をリカバリーさせる力が減ってしまうのです。高価な美容液を買って補修するよりは、無料でお肌の調子を整えつつ体も元気になる睡眠を活用しましょう!
また、浅い睡眠も睡眠不足と同様お肌の大敵です。1日8時間は寝ているのに肌の調子がよくない…という方は、寝る前にスマホやパソコンをいじっていませんか?画面から出る光は太陽光に近いらしく、体が「今は昼間だ」と勘違いしてしまうようです。寝る1時間前くらいからはリラックスして寝る準備をしましょう。潤いのある肌を手に入れるためにSNSは控えめに!

シャワーではなく湯船に浸かる習慣を

時間がないからといって朝シャンで済ませている方、実はお肌によくありません。シャワーは体を芯から温めることができず、血行促進や疲労を回復することができないのです。最も良い方法は、シャワーではなくしっかりと湯船に浸かることです。お湯を張ったお風呂にしっかりと浸かることで血行が促進されるので、新陳代謝が活発化します。実はこの新陳代謝が乾燥肌の改善にとても役立ちます。古い肌を排除して新しい肌を作る新陳代謝の動きは、まさにお肌の世代交代。たとえ今現在表面にある肌が乾燥していても、その下にある若い肌はどんな人でも潤っているものです。新陳代謝が活発になることによって、潤いのある肌がそのまま表面に出てくるのです。
湯船に浸かることでリラックスしてストレス解消になるのもお風呂の魅力。加えてお風呂に入ると副交感神経が刺激されその日深い眠りにつくことができるので、睡眠不足解消にも役立ちます。一石二鳥にも三鳥にもなるのがお風呂の力なのです!

ただいまと同時にメイクを落とそう

15_3乾燥肌を治すなら!生活習慣を見直してみよう

毎日身だしなみとしてメイクをして外へ出かける人は多いと思いますが、メイクはお肌にかなり負担をかけています。どんなに眠くて疲れていても、家に帰ったらすぐにクレンジングすることが大切です。メイクは地肌にある毛穴を塞ぎ、肌の呼吸を妨げるだけではなく、化粧品に入っている防腐剤などの添加物も肌へダメージを与えてしまいます。たまに化粧をするのなら良いのですが、メイクはほとんど毎日行うものなのでダメージはどんどん蓄積されていってしまいます。これから家に帰ったら速攻で顔を洗う習慣をつけなければ、20年後30年後お肌が酷いことになっているかもしれません。
また、お肌の一番近いところに塗る化粧水選びにも注意が必要です。化粧水には様々な種類がありますが、清涼感を味わえるエタノールが入ったものは肌の乾燥を進ませてしまいます。つけた時にヒヤっとするのはお肌の表面から水分が飛んでいる証拠なので、今つけているものがそうであれば、乾燥肌の原因に一役買ってしまっている可能性があります。化粧水を買うときは成分表をしっかりと確認しましょうね!