乾燥肌は放っておくとかゆみの原因に!どうやって治療すればいい?

乾燥肌はほおっておくとかゆみの原因に!どうやって治療すればいい?

乾燥肌で悩んでいる人はいませんか?肌の保湿には人一倍気を遣っているけれど、なかなか治らない人もいるのではないでしょうか。そのままにしておくと、乾燥肌が原因のかゆみで悩まされることになるかもしれません。肌のかゆみが発生するきっかけはさまざまです。ひとつは季節の変化などです。特に冬は湿度が低く乾燥しやすいため、乾燥肌になりやすいです。さらに、毎日の食事や、使っている化粧品、ストレスなどが原因になることもあります。ただのかゆみだからとそのままにしておくことはお勧めできません。また、かゆいからといって肌をかきつづけると、さらなるかゆみを引き起こしていきます。とにかく肌に負担をかけないように、早めに症状にあった適切な治療をすることが大切です。

乾燥肌によるかゆみは季節の変わり目におこりやすい?

13_2乾燥肌はほおっておくとかゆみの原因に!どうやって治療すればいい?

乾燥している季節は、肌も乾燥しがちです。夏はあまり肌にかゆみがないのに、冬から春にかけて髪の毛が顔に少し触れただけでかゆい、目と目のまわりになんともいえないかゆみがある、という経験をした人もいるのではないでしょうか。この時期に必ず同じような症状が起こる場合には、花粉の影響があるかもしれません。また、黄砂やPM2.5などもかゆみの原因になることがあります。
しかし、これらの理由以上に、かゆみを引き起こすのは乾燥肌であるという可能性があります。肌は健康な状態なら必要な水分と油分が適切に保たれているのですが、乾燥肌の場合には、必要な水分と油分が足りないために、外部からの刺激に対して防御することができません。そのために、乾燥肌の人は外部から花粉や黄砂、排気ガスに含まれる成分などの刺激に対して抵抗できないのです。このように、乾燥肌になる、外部の異物に抵抗できない、肌がかゆくなる、という悪循環が繰り返されることになります。その他にもストレスやホルモンの関係で乾燥肌になり、かゆみがでてくることもあります。

関連記事:乾燥肌の人にお勧めなのはダブル洗顔?それとも水洗顔? | BEAUTISM(ビューティズム)

毎日使う化粧品を見直してみましょう

乾燥肌の人は、まず毎日の保湿を欠かさないようにしましょう。保湿をしっかりすることで、かゆみが抑えられることもあります。夜寝る前に必ず乳液やクリームなどで保湿する習慣をつけることが大切です。しかし、ここで注意しておきたいポイントは、毎日使うものですので、乾燥肌で肌の抵抗力が弱っている状態のときには、肌への刺激が少ないものを選ぶことです。
せっかく毎日保湿をしているのにもかかわらず、さらにかゆみが増してしまったということがあれば、もしかすると使用している化粧品が肌に合っていない可能性があります。薬局で薬剤師さんに相談してできるだけ肌に負担がかからない低刺激の保湿用スキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。自分に合ったものを使わないとかゆみの症状がさらに悪化してしまうこともあります。

引用サイト:メンソレータム®AD | ロート製薬: 商品情報サイト

色々試したけれど乾燥肌が治らず、かゆみも悪化してしまったら

13_3乾燥肌はほおっておくとかゆみの原因に!どうやって治療すればいい?

乾燥肌のかゆみは、そのままにしておいても自然には治らないことが多いです。慢性的に症状が続くようでしたら、皮膚科を受診することも検討しましょう。乾燥肌は肌が健康な状態ではないということを知らせてくれる最初のサインです。乾燥肌が原因でかゆみだけでなく、肌のハリもなくなりますし、シワの原因にもなり得ます。
美容皮膚科などを受診すると、安心してカウンセリングを受けることができます。専門医が診察してくれることにより、症状に合った薬を処方してもらえます。乾燥肌によるかゆみをただ治療するだけでなく、総合的に肌のハリを取り戻すためのアドバイスや治療を同時に行ってくれる場合もあります。乾燥肌のかゆみは放置しておくと、様々な肌トラブルや皮膚病の原因になりますので、早めに対応したほうがよいでしょう。