ミネラルに期待される美容効果には、どんなものがあるの?

ミネラルに期待される美容効果には、どんなものがあるの?

ミネラルは「五大栄養素」のひとつであり、私たちが生きていくためには欠かせない大切な存在です。ミネラルには「海洋性ミネラル」と「植物性ミネラル」があります。特に、身体をつくる10種類の元素と海洋性ミネラル10種類を比べると、9種類までが共通している点にも注目されています。ミネラルは人体内ではつくれないため、毎日の食事でバランスよく摂取することが大切です。また、美容効果があることでも注目されています。ここでは、ミネラルに期待される美容効果についてまとめました。

健康的なダイエットに役立つ

まず、「ミネラル」は特定の成分のことではなく、複数の元素をまとめた呼び方だと理解しておきましょう。ミネラルには、骨をつくるカルシウムやその働きを助けるマグネシムが知られていますが、これらは、酸素や水素などと同じく「元素」の仲間になります。

また、体内に摂り入れるミネラルは微量ですが、不足すると身体に不調をきたします。ミネラルには、前述したカルシウムやマグネシウムのほかにも、血を作る鉄分、新陳代謝や女性ホルモンの分泌などに重要な亜鉛なども知られています。このように、ミネラルは体を健康に保つための貴重な働きがあります。そのため、ダイエットを行うときもミネラルを意識して摂取することが大切です。

ダイエットを成功させるには、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回ることが大きなポイントです。そのため、食事量を減らす人も少なくありませんが、一時的な体重減少は期待できてもすぐにリバウンドしてしまいます。それよりも、基礎代謝を上げてエネルギー代謝をよくすることが大切なのです。

カルシウムには脂肪燃焼を促す働きがあるほか、脂肪の吸収を抑える働きも期待できます。さらに、イライラした気分が抑えられるため、ダイエット中のストレス軽減にも役立ちます。また、リンやマグネシウムが持つエネルギー代謝を助ける働きにも注目されています。

食事によるダイエット方法として、小麦や玄米、トウモロコシなどの穀類を摂取する「シリアルダイエット」が注目されています。シリアルは海外の朝食として定番ですが、日本でもおやつや健康食品として普及しており、いろいろなタイプが販売されています。シリアル食品に含まれるのはミネラルのほか、整腸作用が期待できる食物繊維、体の調理を整えるビタミンによって健康的なダイエットに役立ちます。

身体の老化を防いで若さを保つ

加齢にともない骨密度の減少が懸念されますが、その原因としてミネラルに含まれるカルシウム不足が挙げられます。女性の場合は、閉経後のカルシウム不足が顕著になり「骨粗しょう症」にも繋がります。そのようになる経緯には、若いころの無理なダイエットも見逃せません。やはり、まだ若いからと安心するのではなく、ずっと元気で過ごせるためにも栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。

また、加齢とともに身体のいろいろなところに不調をきたしてきます。老化の原因として活性酸素の存在がありますが、それを防ぐ役目を持つミネラルの抗酸化力アップにも注目されています。身体の老化を防いで若さを保つためには、栄養バランスを意識した食生活を心掛けましょう。そのためには、「まごはやさしい」を意識した食生活が目安になります。ちなみに、「ま=まめ」「ご=ごま」「は(わ)=わかめ」「や=野菜」「さ=魚」「し=しいたけ」「い=いも類」となり、いずれも身近で手に入れやすい食品と言えるでしょう。

肌トラブルを解消して美肌を実現

身体の老化はお肌の老化にも繋がるといわれています。そうならないためにも、適度なミネラル摂取を意識することが大切です。

そのひとつに、お肌にハリを与えるコラーゲンを強くするケイ素があります。ケイ素は麦類・じゃがいも・青海苔などに多く含まれ、髪の毛を美しくする働きや爪を健康に保つ働きなども期待されています。また、ミネラルには亜鉛もあり、シミやソバカスの原因となるメラニンの排出や新しい細胞の生成に役立つと言われています。ちなみに、亜鉛を多く含む食品として生牡蠣がありますが、豚レバーや煮干しなど身近な食品で摂取することもできます。

また、海洋性ミネラルは美容面でも注目されています。海洋性ミネラルの成分は人体の成分と近いことも大きな理由です。この成分を含む化粧品には保湿が期待されるものが多いため、お肌の保湿に役立ち美肌の実現にも繋がりやすくなるでしょう。