ビタミンeがお肌に良いワケとは!美容のためにビタミンeを摂取しよう

25-1

身近な食材から摂取することが可能なビタミンe。魚類や卵黄、また野菜類や種子類などにも多く含まれ、日本人にはなじみの深い食べ物に含まれているという点で、摂取しやすい栄養成分です。しかもビタミンeには美容にとっても優れた効果を発揮してくれます。若返りの力さえあるといわれるビタミンe。効果的に摂取して体の中から美しくなりましょう。

ビタミンeの抗酸化作用はお肌の味方

たとえば紫外線を浴びたり、激しい運動をしたりすると、人間の体は活性酸素という成分を分泌します。この活性酸素は体を酸化させる原因となり、人間の老化と深くかかわっている物質です。切り分けたリンゴをそのまま放置しておくと、切り口からみるみる変色してしまいますよね。これを酸化現象といいますが、人間の体も生きている内は絶えず酸化を繰り返しており、紫外線や激しい運動などは特に酸化を早めてしまいます。いつまでも若い肉体を保つためにはいかに酸化を防止するかということが重要になってきますが、ビタミンeには抗酸化作用と呼ばれる酸化現象を防ぐ働きがあります。ビタミンeにはグルタチオンという成分を増加させる働きがあり、このグルタチオンには活性酸素の働きを抑える作用があるといわれています。とりわけお肌の活性酸素を除去するためには、お肌にダイレクトで抗酸化作用が働かなければなりませんが、ビタミンeは経口で摂取したとしてもお肌にしっかりとその効力を発揮できることがわかっています。ビタミンeはまさにお肌の抗酸化にとってはもってこいの美容成分なのです。

ビタミンeで血行促進!冷えの解消に効果的

25-2

近年ではエアコンの発達によって夏場でも涼しい環境で過ごすことが多くなっています。しかしその結果、夏場の冷え性が女性の悩みとして浮上してくるようになってきました。冬だけでなく夏場にも美容の大敵となる体の冷えに対処しなければならないということです。冷えの原因は多くが血行不良にあります。血の巡りが悪くなることで体温の調節がうまくいかず、手先や足先の冷えを招いてしまいます。体の冷えを解消するためには血の巡りを良くすることが有効ですが、ビタミンeには血行を促進させる効果も期待できるため、一年を通して冷え性の改善効果を得ることができるのです。血行が促進されれば体の冷えだけでなくお肌にも良い影を与えてくれます。血液の循環はお肌の新陳代謝をつかさどっているため、血行促進をすることでお肌の新陳代謝を活発化することにも貢献してくれるのです。お肌の新陳代謝が活発になれば、表皮の下のメラニン色素を効率的にターンオーバーできるようになり、シミやそばかすを防止することにつながります。

食事に合わせてサプリメントをうまく活用しよう

25-3

ビタミンeは日本人になじみが深いさまざまな食材に含まれています。青魚などの魚類や卵黄、それから特に野菜類や種子類に多く含まれているので、日々の食生活の中で積極的に取り入れてみると良いでしょう。レタスやモロヘイヤ、大根などにもたくさんビタミンeが含まれています。食用油をビタミンeが豊富に含まれている「アマニ油」や「えごま油」に置き換えるだけでもビタミンeを効果的に摂取することができるでしょう。しかし、一日の食事の中でビタミンeが摂取できる量は限られています。いくら美容に効果的なビタミンeとはいえ、食事をとり過ぎてしまえば美容はもとより健康にとっても良くありません。そこで活用したいのがサプリメントです。ビタミンeの一日の摂取量の目安はだいたい30mgから50mgです。これだけの量を食事だけで摂取するのは難しいので、サプリメントとうまく組み合わせて摂取するようにしましょう。ビタミンeと合わせてビタミンaやビタミンcも合わせて摂取すると、それらの美容効果を相乗的にアップさせることができます。サプリメントを摂取するときはビタミンのバランスを考えて摂ると良いでしょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。