ここが知りたい!美容医療の基本からトラブルの有無まで

ここが知りたい!美容医療の基本からトラブルの有無まで

そもそも美容医療ってなに?

美容医療ってなんだろう、聞いたことはあるけれどよく分からない‥。

美容医療とは、怪我や病気などの治療を目的とするのではなく、医師の診断のもとで体の気になるさまざまな悩みを解決することを目的とした治療のことを指しています。具体的な治療内容としては、外見のコンプレックスとしてしみやシワが気になるというときに、注射をしたりレーザーなどの医療機器を用いたりして気になるところを改善します。医師から処方される内服薬などを用いて、体の中から肌の調子を整えます。さらにメス使って手術を行う場合もあります。まぶたを切開して二重にしたり、シワの改善のために手術をしたりする治療です。薬の処方から、手術に至るまで、見た目の美しさを保つための手助けをする医療のことを総称して美容医療という呼ばれかたをしているのです。美容に関する治療に幅広く対応しています。

エステとの違いについて

美容医療とエステはときに混同されがちで、違いがよく分からないときもあるでしょう。主な違いとしては、美容医療は医療行為とされており、医師免許をもつ医師が薬の処方をしたり、医療機器による医療行為を行ったり、手術をしたりします。一方でエステは医療行為にあたることは行いません。そのため医師免許を持たない担当者が施術を行うことが殆どです。美容医療は医師が診察を行ったうえで治療にあたることになります。エステはカウンセリングやサービスの説明を行い合意後に施術を行います。具体的な例をあげると、脱毛などでその違いを確認することができます。レーザー機器を使用した脱毛は医療行為とされ、医師免許がなければ行えないためエステではなく美容クリニックに行く必要があります。医療行為とされるものは美容医療の管轄ということになります。

料金はどれくらいかかる?

美容医療とエステ、どちらにしたらよいだろうかと悩むときに、安全性を重視し医師が診断してくれる美容医療を検討することもあるでしょう。しかし、なんとなく美容医療と聞くと、料金が高いのではないだろうかと心配になるのではないでしょうか。実際に手術をするとなるとそれなりに高額になることもあります。そのため診療時に医師と料金についてはしっかり確認しておくことが大切です。一方、エステだから安いというわけでもありません。例えば、シミが気になるというコンプレックスを抱えているのであれば、エステ、美容医療の両方検討対象になります。必ず、それぞれの期待できる効果やサービスを比較したうえで選択するとよいでしょう。仮に美容クリニックの料金が高額だったとしても、処方される薬を試したいのであれば、美容医療を選択するでしょう。シミが消えると、シミを隠すために使っていた化粧品を買わなくてよくなって結果コスパがよくなることもあります。

失敗やトラブルの心配は?

美容医療やエステを利用してみたいけれど、万が一失敗したり、トラブルにあったりしたらどうしたらよいのでしょう。ここにも美容医療とエステには違いがありますので注意が必要です。美容医療はクーリングオフや中途解約ができません。そのため一旦トラブルが起こってしまうと返金が難しいという特徴があります。もし、レーザー脱毛でヤケドをしてしまった場合には、その治療を行った医師に対してヤケドの治療をお願いするということになります。トラブルを防ぐために治療のリスクや副作用について事前に説明を受けておきましょう。一方、エステはクーリングオフや中途解約が可能になることがあります。また美容医療、エステいずれの場合でもトラブルが起きた場合には最寄りの消費者センターや国民生活センターに相談をすることができます。

美容医療やエステはコンプレックスを解消し自分に自信がもてるようになるためには必要な存在ですが、しっかり診療方針や施術計画、リスクについての説明を求めて、納得したうえで利用することが大切です。