お風呂でもっとキレイに!簡単セルフケアなら毎日できる!

お風呂でもっとキレイに!簡単セルフケアなら毎日できる!

キレイになるために欠かせない毎日の美容ケア。しかし仕事に遊びに忙しくて、ケアが充分にできないこともあるのではないでしょうか。時間がかからず、簡単にできる方法を探している女性も多いことでしょう。そんな女性達におすすめなのが、お風呂でできる簡単ケアです。一日の汚れや疲れを落とすと同時に、キレイになれるなら一石二鳥。時間を有効に使うことができるので、続けやすいことでしょう。ではどんな美容方法があり、どんな効果を得ることができるのでしょうか。

入浴前のホットドリンクで代謝アップ!美肌とダイエットに効果あり!

ダイエットや美肌に欠かせない、新陳代謝。入浴には体を温め新陳代謝を良くする効果があります。更にその効果を高めるために、入浴前にホットドリンクを飲むと良いでしょう。おすすめなのはハーブティーや酵素ドリンク、生姜が入ったドリンクです。これらのドリンクには元々代謝を良くする働きがあるため、体を芯からしっかりと温めてくれます。ダイエットに効果を絞るなら、コーヒーもおすすめです。コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸という成分が含まれているため、代謝を促進すると同時に脂肪をつきにくくする作用があります。飲むタイミングは入浴の30分前がベストで、砂糖を入れずにブラックで飲むと効果的です。また、カテキンを多く含む緑茶も入浴前にピッタリのドリンクです。カテキンは抗酸化作用を持つためアンチエイジングには欠かせない成分の1つであり、通常の状態で飲むより入浴前に飲んだ方が体内へ多く吸収されると言われています。いつまでも若々しさを保ちたい人におすすめです。このように入浴前にホットドリンクを飲むだけでも、多くの美容効果を得ることができます。ホットドリンクを飲むだけなら簡単なので、続けやすいのも魅力でしょう。

代謝を良くするのに効果的なお風呂の入り方は?

25_2

代謝を良くするためには、お風呂の入り方も重要になります。美容の効果をきちんと得るためにも、入浴にかける時間や温度をきちんと管理するようにしましょう。まずは代謝を良くするお風呂の入り方として有名な「半身浴」ですが、お湯をはる目安は心臓のすぐ下、みぞおちの辺りまでです。心臓に負担をかけないため長く入浴することができ、じっくりと体を温められることにメリットがあります。最適な温度は38℃~40℃で、入浴にかける時間は20分~30分が理想です。入浴中に汗をたくさんかくため、入浴前にはしっかりと水分を補給するようにしましょう。半身浴ではどうしてもお風呂に浸かった気がしない、温まれないという人には「全身浴」がおすすめです。温度は40℃~42℃が最適で、入浴時間は10分を目安にしましょう。40℃のお湯に10分浸かることで、10分間のウォーキングやジョギングと同様のカロリー消費ができると言われています。こちらも入浴後は水分補給を欠かさないようにしましょう。

しっかりデトックスしたい!美肌になるための入浴方法とは?

25_3

お肌の老廃物をしっかり排出し、美肌へと近づけてくれるのもお風呂の効果。そんな老廃物の排出をしっかり行ってくれる「デトックス」を促すためには、入浴剤等のアイテムを使うのも良いでしょう。おすすめなのは血管を拡張する作用のある炭酸系や、浸透圧の力を利用して汗をかかせてくれるソルト系のものです。他にも唐辛子を取り入れた入浴剤等もあるので、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。また入浴剤ではなく塩や日本酒を直接湯船に入れる、という方法もあります。30~50グラムの粗塩を湯船によく溶かし入浴するだけで、たくさんの汗をかくことができます。週に2、3回が目安ですが、傷がある場合にはしみるので注意しましょう。アセトアルデヒドと呼ばれる血管を広げる成分が多く含まれる日本酒も、デトックスにはピッタリです。入れる量は5合~一升が目安ですが、お酒に弱い人は酔っ払う可能性もあるため入れる量を少なめにするなどの工夫が必要です。これらの入浴方法に適さないバスタブもあるので、入浴剤やお風呂の取扱説明書をよく確認してから実践するようにしましょう。